タグ : 水

それ全部、ウソですからーーー!!!!!!

コロンビアがやばすぎて

まじで惚れそうっす

 

人が良すぎる

そんで、町が楽しすぎる

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問ありがとうございます

別タブで開くようになってるので

開いてる間に、日記を読んでくれると嬉しいです

最後まで表示されないとポイント入らないらしいです

めんどいねwww

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スマホの人はこちら↓

にほんブログ村 世界一周

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

つ、つ、つ遂に赤道、

きたーーーーー(^O^)/

 

1961382_534122113366993_1635194416_n

ひやっほーーー

 

赤道だぜえええぇえぇえ(^O^)/

 

1147839_534122530033618_858417853_n

こっちがエッスーーーで

こちがエッヌーーー!!!

 

ちんこがえっすーで

ちくびがえっぬーーーー!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

えっすーとえっぬー!!

 

からのー

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

えっすーと

えっむー!!!!

 

DSCN1568

はしゃぐ僕らに

ツタンカーメンが衝撃の一言を告げた

 

『うっわ、お前ら超ださくね???

ここ赤道じゃねぇしwwww

そんなんも、知らなねぇのかよぅwwww

GPSで測ったらここ赤道じゃなかったしwww

それ、SとMじゃなくてSとSだしwwww』

 

 

な、な、な、なんだ、と・・・( ゚Д゚)

 

ま、まさかそんなはずは・・・

 

この時僕らは知らなかった

この場所が本物の赤道ではないことを。

この時僕らは知らなかった

赤道がほんとはここから200m離れていることを。

 

 

 

 

うん、そんなわけないよねwwwwww

ちゃんと知ってました、

ここが本物の赤道じゃない事くらいいね

でもエクアドル政府が赤道ここだぜって

こんなに大々的に赤道記念碑とか

たてるもんだから、ついつい来てしまったわけです

 

で、偽赤道(にせきどうと読みましょう)を

見終えたあと、本赤道へ

 

IMG_7509

 

赤道、きたあああぁぁああぁ!!!!!

 

ありがとうございます、ありがとうございます。

歩いて5分位の場所に本物の赤道がありました。

 

雨とか降ってきて、もう赤道とか正直どうでもいいし

そんなに感動もありませんとちひろ!!!

 

IMG_7513

そして赤道では、お決まりの実験が始まりました

 

まずはたまごを立てることが出来るか・・・

 

IMG_7515

た、たった( ゚Д゚)

 

流石、赤道っす

自転による遠心力が

垂直方向にしか働かないから

たまごが立ちます

 

IMG_7518

 

あと、これ

赤道直下で目を瞑って歩くと

まっすぐ歩けないってやつです

 

あ、歩けない・・・

 

なんか、南の力と北の力が

集まる場所だからまっすぐ歩けないんだって

 

 

 

ダウンロード (4)

 

そして、

 

北半球では水は右回りに

南半球では水は左回りに

赤道直下では渦を作らずに

落ちるってやつ

 

た、タ、多、確かに落ちた―――( ゚Д゚)ΣΣΣ

 

 

でもね、でもね、でもね

 

 

 

 

 

これ、、、

 

 

 

 

この実験、、、

 

 

 

 

 

全部、、、、

 

 

 

 

 

ウソですからーーーーー!!!!

 

 

 

 

 

こんなファッキン糞な実験

1㎜も、いや、ちんカス程度も

信じないでくださいね

 

 

 

たまご・・・

力がどういう風に働いているか

分解すれば、赤道じゃなくても立ちます。

赤道しか、立たないとかありえない。

 

まっすぐ歩けない・・・

そもそも、目瞑ってまっすぐ歩ける人とか

ほぼいません。赤道だからってあほか

因に、周りが真っ白で平坦な世界だった場合

人間は目を開けててもまっすぐ歩くことが出来ません。

砂漠とかで道に迷うってこの原理。

 

水・・・

そもそもコリオリって地球の回転の力は

そんなものにそこまで影響されません

どっちかというと、水を洗面台にいれた

方向とか、線を抜きかたとか、水が流れる時に

洗面台に触れる摩擦とかの影響のが

デカいっす。

 

 

 

What you can see is not everything.

 

 

あー面白かった!!!

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます

そろそろラストスパートだけど頑張って!!

のワンクリックお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スマホの人はこちら↓

にほんブログ村 世界一周

広告

結局のところインドなんて大っ嫌いだー  インド3日目

おはようございます

ガンガーに登る朝日を見ようと

5時にアラーム掛けたのに

起きれませんでした
やっぱり疲れてるみたいです、

15時間くらい寝てました

 

15分位へこみましたが

気を取り直して火葬場を見に行きましょう

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

町は相川らず混沌としてます

インドも3日目になって少しずつ慣れてきた

気がします

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ガートに着きました

ハリシュチャンドラ・ガートっていう火葬場のあるガートです

 

そこで、泳ぐ人達

さて今日こそ俺も朴浴してみるー?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

火葬場隠し撮りしました

大っぴらに撮ってるとお金をせがまれる

らしいので

 

3体の遺体、火葬中です

 

右上の煙が火葬中です

ガンガーで火葬された

遺体は明るい来世が約束されるそうで

沢山の遺体が運ばれてきます

 

遺体は一体一体丁寧に布に包まれて

火葬されます(僕は山積みの遺体を燃やすを思ってました)

 

因にハリシュチャンドラ・ガートはガンガーにある

2つの火葬場のうち、小さいほうで

こっちは写真OKみたいです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここのガートはだいぶ上流です

カーブしてる先辺りが、メインのガートです

ガンガーに沿って建てられた町、それがバラナシです

 

誰が言ったか言わないか

火葬場が町のためにあるんじゃない

町が火葬場のためにあるんだ

って有名なセリフは

この町がどれほどガンガーと強く

結びついているかを象徴しています

 

 

え、そんなのどうでもいいて?

朴浴?

なにそれ?

 

わかったわかった、するする

 

よっしゃー、うおぉぉおおぉー!!!

ばっばっばっ!!

 

 

ちょこっ(親指のさきだけ)

 

はい、朴浴!

もうしなーい

 

という事で無事、体清めてきました

 

 

よし、という事で

次はもう一つの火葬場、マニカルニカ・ガートを目指しましょう

もう一つの火葬場がこっちより

大きいらしいです

そっちは写真撮っちゃダメみたいなんで、

写真ないですが、、、

 

 

そんで、写真がないけど

ここから、またやられました

もう、インド人死ねばいい

 

アクション

1.水を買う

2.火葬場でホスピルのボランティアにガイドをしてもら

 

 

やられた

1.水飲む→・・・あれ、水って味したっけ???

俺が開ける前からキャップ開いてんじゃねーかよ

しかも、クレーム言ったら謝りも否定もしないで

ほかの水と替えやがった

一口飲んじゃったよ

おれ、下痢るのかな、下痢るのかな・・・

 

 

2.ホスピルのボランティアだから、私はお金はもらわない

けど、施設の維持費は募金して欲しいと言う奴にガイドしてもらう

 

いや、ここまではOK

その金が何に使われようと、知ったこっちゃないし

彼の説明は懇切丁寧だっし

 

①火葬の死体は1体ずつ布に巻いて燃やす

②火は常に絶やすことない聖なる火を点ける(ライターダメ、マッチダメ)

③朴浴するときは、髭とか髪を剃るのが正式

④火葬場は何とかって一族が全部仕切ってる

 

などなど、どこまでがほんとかわからないが

まぁ結構勉強になる感じで教えてくれたし

火葬中の死体のマジかまで行けて

すごいよかった、暑かったけど

 

が、そのあと、募金だよ募金

せっかく50ルピーくらい寄付する気に

なったガイドの腕前なのに、

50ルピー出したら、はっ?って

寄付は500ルピーから

みんなは1500ルピーくらいしてくよって

 

いやいや、これは募金でしょ?

チャリティーなんだから、俺が

払いたい分掛け払うのが筋ってもんでしょって

しかも、たかだか30分位のガイドで

1500ルピー(約2500円)は高すぎだべ

 

言ったら、そんなの初めの話と違うと彼

ガンガーの前で嘘ついたら地に落ちるぞ、お前

とまで言われ、、、

 

あぁ、また喧嘩しちゃったよ

 

嘘つきが地に落ちるんなら、インド人の9割

は天国行けねぇよ

 

結局、1ルピーも払わず

死体の前で、FUCK YOU と

叫んで泣きながら駆け出しました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なんでインドってこうなんでしょう

これのどこがいいんすか?

どMしか好きにならないと思うよ、こんな国

あ、いやバックパッカーって言われる人らの大半はどMですね

 

僕はまだ、バックパッカーの素質を開化させてないから

インド好きになれないんですかね

 

まぁ、バックパッカーって言葉好きじゃないですけど、、、

 

その後、ようやく静かにガンガーを眺められる場所を見つけ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日が暮れていく

静かなのがうれしすぎて

思わず写真撮りました

 

あぁ、こうやってガンガーは

ありとあらゆる事象を、善も悪も関係なく

ただただ飲み込んでいくんだなぁ

偉大だなガンガー

優しいなぁガンガー

←もう投げやり

 

ホント疲れちゃったインド

 

明日ネパールに向かいます

 

ほんと、インド大っ嫌いです!!!

 

また、あと2回くらい入国するけどね・・・

 

もっとインド居て欲しいって人、クリックよろ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 世界一周

広告