タグ : ウルグベク

だから、ティムールってだれやん

アッサローム、今日も暑いですね


暑いですが、ビザが8月12日で切れるので

それまでにウズベキスタンを出なきゃなりません

(といっても、1週間以上先ですが)


という事で、西へ西へ進んできましたが、

来た道をまたタシュケントまで戻ります


暑いですが・・・

頑張ります


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼間の暑い時間にヌクス‐ウルゲンチ‐ブハラの砂漠区間を

移動するのはもうコリゴリなんで

夜行列車で移動することに


タシュケントまで行かずに一旦サマルカンドで下車予定です

ヌクスからサマルカンドまで20時間くらい


4人コンパートメントの寝台だと

クーラーついてた!


6人コンパートメントは蒸し風呂地獄(笑)


2時間遅れで出発


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマルカンド到着


サマルカンド駅に停まってた高速列車

タシュケント‐サマルカンド間が2時間半(おそらく)らしい

普通列車は3時間半、バスは5時間


先日スペインで事故った列車と同系


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマルカンドで降りたのは

近郊のまちシャフリサーブスへ行くため


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマルカンド‐シャフリサーブスはシェアタクで2時間半

(片道20000スム)


この峠道はバスの運行が禁止されてる

だからシャフリサーブスまではシェアタクでしか行けない


峠道は中々綺麗

砂ばっかの道ばかり見てきたから新鮮(笑)

しかも標高2000mと高いので

そこそこ涼しい!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャフリサーブス到着


アクサライ宮殿跡

ここシャフリサーブスも世界遺産に登録されてる


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アクサライ宮殿に登らせてくれた

(ホントは登れないっぽい、ツアー客は登れないって怒られてた)


にしても暑い、、、

40度くらいでしょうか

風が痛いです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ、シャフリサーブスはティムールが生まれた町として有名

アクサライ宮殿もティムールが建てたもの


この人物、ウズベキスタンの英雄らしい

因に、こないだウルグベク天文台跡地行ったでしょ

そこの天才物理学者ウルグベクのお父さん


ウルグベクは父ティムールをケツに向けて

カンチョウをかましたので殺されてしまいました・・・


ごめんなさい、嘘です


科学を愛したために殺されました

宗教が科学を凌駕する時代に生まれた

科学者の宿命です


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ティムールの銅像

後ろに見えるのがアクサライ宮殿跡


・・・もうティムールいいよね

ティムールについて話し発展させれんわ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで、飯でも食いますか


馴染みシャシリク

肉の串焼きですー

レパートリーは羊、牛、鶏、豚


・・・豚?!!!!!!


いや、でもほんとにあるんです

イスラム教国なのに豚

さすがに値段は羊、牛より高いけど


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが、プロフ


ウズベキスタンの伝統料理です

僕はあんまり好きじゃない

だって肉が少ないんだもん


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大量のスイカ


中央アジアはスイカの名産地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宝石商

奥様方が群がっています


覗いてみたら高い高い

普通に10万とかした


さてさて、サマルカンドに戻るとしますか


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマルカンドに戻ってきました


8月25日からあるコンサートのリハーサルが毎日行われてます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月11日のフライトまであと1週間

ウズベキスタンでやることがなくなりそうです・・・




サマルカンド滞在累計6日間

そんな居る必要ないよ、ここ

さて、明日は何しよう・・・


クリック!ポチッと

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 世界一周

あこがれの地

幼いころの憧れとかって誰にでもあるじゃないですか

僕にとってそれは、ラッキーマンであったり、

ブルドーザーであったり、宇宙であったりしたわけです


そんで何時からだかは忘れたけど

”サマルカンド”もどうやら僕にとって

あの時抱いた憧れのひとつであったようです


だから、この旅のチェックポイントの一つは

自然にウズベキスタンになったって言うか

中国INで中央アジアを通るルートが出来たわけです


幼い頃に憧れた場所に僕は立ってる

僕があの時夢見た場所は空想の地じゃなくて

どうやらちゃんと地球上に存在しているみたいです


そんな、ちょっと物思いにふけりながら歩いたサマルカンド///


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タシュケントから列車で3時間余

ほぼ定刻通りサマルカンドに到着


列車はこのたび初めての

イスが全部同じ方向に向いてるやつ

デカい人には気にせず足伸ばせるから

すごい楽

ってかわざわざボックスにする必要ないでしょ、あれ?


サマルカンド駅から夕食がうまいと評判のBAHODIRへ


↑タシュケント通り

終日ホコ天


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿にチェックインして早々に街歩きを開始しましょう


と、その前に

サマルカンドで超有名なソフトクリームを

(頂いたコメント情報より)


これが、まじでうまい

皆様もぜひ!


因に中央アジア

ソフトクリームが格安

↑1000ソム(40円)

物価の高いカザフでも50円くらいで食べれる


ソフトクリーム好きにはたまらない国だと思う


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レギスタン広場


サマルカンドと言ったらまず思い浮かべるのはこれでしょ


青の都、東方の真珠

そんな贅沢な言葉を欲しいがままにしてる感じです


いいですねーサマルカンド


因に8月末にコンサートがあるようで

ベストアングルでの撮影が出来ないです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レギスタン広場にあるショルドル・メドレセ


イスラム教は偶像崇拝を禁止する立場にあるが

その戒律を破ってライオンの絵が描かれている


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャーヒズィンダ廟群


いいすねー

この青と青の共演

空の青にも劣らない見事な青!


これがどんな目的で作られたかなんて

さっぱりわかりませんが美しいです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この階段


登りに数えた段数と下りで数えた段数が

同じなら天国へ行けるそうです


せっかくなので数えて登りましょう


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ、ちなみにシャーヒズィンダ廟群は

お墓です、はい


10数個偉大な人のお墓があるそうです、はい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんで、一番奥まで行くと

普通の墓になります

お参りに来てる人もちらほら


こっちのお墓は顔を彫るんですねぇ

ちょっとうらまやしいですなぁ


そうそう、さっきの階段の話

お墓見てたら違う出口から出ちゃって

戻りの段数数えられなかった・・・


まぁいいや、階段の段数が一致しただけで天国行けるなんて

そうそううまい話ないよな

これが現実!!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丘に出たんで丘から景色を一望

雲一つない青いそら

聳えるモスク

そう、ここはサマルカンド←言いたいだけ(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見どころのすぐ近くってか周りが

旧市街になってるので、

迷路のような旧市街に迷い込む

まぁ、普通の古い民家が並んでるような感じですよ


・・・それでもここはサマルカンド!←


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それなりに観光地なんで

ぼったくりとか結構あります

キルギス、カザフとあまり吹っかけられなかったので

ぼたっくられる感覚になかなか慣れません

しかも東南アジアと違って中途半端にぼったくろうとするから

たちが悪い


若いころはぼったくりと闘ってなんぼや思ってたのに

もう、いい値でいいよねってなっちゃいます


すみません、まだ若いです、はい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマルカンドの超マイナースポット!

ウルグベク天文台跡


そもそもマイナースポットかな?

いや、でもこれはマイナースポットであって欲しい

ちんけな作りっぷり


僕はこれでも宇宙を学んぶ物理学者の端くれですから

来なきゃいけないでしょ、ここ


上の写真は六分儀

ここでの観測ではじき出された

1年間の時間は365日と6時間10分8秒


実際のそれは365日と6時間9分9.6秒と

とんでもないニアピンの数字をはじき出した


偉大な物理学者ウルグベク

おそらく14世紀くらい


マジでスゲー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなウルグベク愛用(多分)の

遺品の数々が展示されている

ウルグベク天文台跡


必見です!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これとかなんだかわからないけど

めっちゃかっこええやん


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、ゆっくりサマルカンド観光できたし

次の町ブハラへ

(ブログにすると一瞬だけど、これでも3日間掛けてゆっくり観光したんです!)


ブハラへ向かうバスターミナルは

ウルグベク天文跡地のすぐ近く

(歩き方に載ってるところに行くより楽)

ショブ・バザールから99番の市バスで行くことが可能


ここから過酷な長距離バスの旅

約6時間


何が過酷って写真見てみぃ

あの窓、開かないの

一個も・・・

もちろんクーラーなんて軟な物使わないし

唯一開くのは天井(笑)

しかも2ヵ所


いままで何回か窓開かないバス乗ったけど

今回は訳が違う

暑さが尋常じゃない

気温40度

さんさんに照る太陽のした走るバス

開かない窓

効かないクーラー


そりゃ、宿に着いたらまずビール飲むわ


もう、移動したくないと持ってる今日この頃

サマルカンド様様でした


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村