カテゴリー : 中国

中国ぶらぶら一ヶ月まとめ

ずっと書こうと思ってってやっと書く時間が出来ました

中国ぶらぶら一ヶ月まとめ


<期間>

6月8日~7月4日


<使用金額>

6136元(98000円)

(内)

宿泊:1043元(17000円)

移動:3100元(50000円)

観光:960元(15000円)

ビール:114元(1800円)


<ほし>

治安

★★★★☆

★★★☆☆

観光のしやすさ

★★★☆☆

物価

★★☆☆☆

宿のレベル

★★★★☆


<行った場所>

上海、昆明、大理、麗江、香格里拉、成都

西安、敦煌、トルファン、ウルムチ、カシュガル

初めの国にしては

なかなかハードだったんぁ

一ヶ月でよくここまで移動したよ

ほんとに


中国横断とか地図で書いてみるとすげーな

でもこんなんでも、30くらいある省のうち6省くらいしか回ってないからな・・・


にしても、中国

物価が高い!

スゲー安いイメージあったのに全然

いや、飯と宿はそこそこ安く済ませられるんだけど、

移動費と観光費がベラボーに高いね

まぁ、高いからあんまり観光てないんだけどね・・・


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやーでも中国って面白いね

こんなにいろんな文化が混在してんだから


超開発された中国もあれば

僕らのイメージする4000年の歴史っぽい中国もあるし

全くイメージなしな中国も


こんな文化の移り変わり

短期旅行じゃ絶対みられない


もちろん自然も多彩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

氷河のある雪山もあれば、砂漠もある

あれま、こりゃスゲーな


南北に移動すると自然が移り変わり

東西に動くと文化が移り変わる


なんか素敵だな


もちろん、人も

僕らと同じ人間で

イメージなんかより

全然やさしい人が多い


バスも列車も思ったよりも充実してて

時間も結構正確!

DSCF1451

寝台バス

ホントに横になって移動する(笑)

汚いけど快適ですよ


いやーでも僕は中国もう行かないでいいや

いい面の中国も悪い面の中国ももう満足(笑)


あー後、ビールは不味いし

田舎のトイレとかは最悪だったなぁ


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

広告

いつの時代にも下痢は付き物 カシュガル

リアルタイムではもうキルギスです!

ついに2か国目入りました!

もう、町の雰囲気がガラッと変わって

面白いです、はい


まぁ、その話はまた今度という事にして

中国最後の町カシュガルです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カシュガル(中国)~オシュ(キルギス)への

国際バスのチケットです

2013年7月現在月木は確実に

運航している模様


木曜日のチケットを入手しないとVISAの関係上

自力でキルギスに行かないといいけなくなるので、

これをGETできてほんとに良かった


ヒッチハイクで行けないことはないんですが、

国際バスに乗りながら途中の道を見てると

ヒッチハイクしないでよかったっと心から思いました(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、中国残すところわずかってところで

とうとう下痢になりました


みなさん下痢ってわかります?

うんこが軟らかくなってしまうあれです

おっと失礼、う○こですね


ウルムチからカシュガルへ向かうバス

乗ってた時から気持ち悪くて

カシュガルに着いた時には

もう酷い酷い

プシャーって止まらない止まらない

上の口からも下の口からも


あ、ごめんんねこんな話で

でも、下痢、腹痛って

日本人の宿命だと思うんですよ


だから、ちゃんと書いておかないと!


今までも、結構下痢気味なことはあったんだけど

今回のはね、もう水

そこ水出るとこじゃねぇよ!!

って突っ込みたくなるくらい水

粘度0.01%くらい


みなさんなったことあります?

僕は人生2度目です(笑)


友人と行ったトルコで

二人してカッパドキアの奇岩に

ゲロぶちかましてました(笑)


あの時のやばさを10とするなら

今回のは2くらいだったんで

大したことなかったんですが、

それでも、2日間ほぼ寝てましたねぇ


整腸剤飲んで、水分補給多めにして、寝て

でなんとか治りました

正露丸とか飲んだら最後です

ウイルス性どうこう以前に

薬飲んだら負けたと思うから飲みたくないんです


あ、整腸剤は第3種医薬品だから

プロテインみたいなもんでしょう?

まぁ、お陰でカシュガル観光全然できなかったけどね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも、ちょっとでも体調がよくなったと

思ったときに宿近くのバザールは見学に行きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バザールってイスラム圏の響きですよねー

歩いてるだけで面白いです

下痢と戦いながら・・・


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かき氷とか売ってました

氷うまそうっ

て今書いてて思いました

(いま、下痢治りたてで食欲旺盛なんです)


大体連日30度くらいだそうです

ただ、湿度が過度に低いので

日陰に逃げれば涼しいです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下痢してても、おなかは空くというこの矛盾

どうしてもハンバーガーが食べたくて


全然旨くなかった

しかも(当たり前だけど)、また気持ち悪くなった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫も心配してくれてます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな、馬鹿な僕のために

宿経営してるご家族が僕を

中国のミュージカルに誘ってくれました!


上海のアーティストが脚本したらしく

上海でみたら1500元するのにカシュガルだと

安いからってただでチケットもらって


インフォメーション見ると

脚本が上海の人で

各地方の劇団に脚本を売ってるのかな?

そんな感じだった


1時間半全く意味のわからないつまらない劇を・・・・

楽しく劇を見ました


「香妃」ってやつです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

総勢50人くらいの大人数の構成


こんな素敵なミュージカルに僕を連れて行ってくれたのが

微風青年旅舎の方々


ここ、あまり有名じゃないのか

人も少なくて、とても静かで

中国人嫌いになってた僕にっとって

ほんとに落ち着ける場所だった


色満賓館の近くです

あんなとこよりこっちのがよっぽどいいですよ!


何より、中国に来てやっとコーヒーが飲めた

この喜び!(いままで高くて飲む気にならなかったので)


コーヒーってうまい!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、カシュガルからオシュへの国境越えですな

1時時間遅れの出発

予定では20時間


荒野をひたすら走ります


したら以外にも5時間くらいで中国側のイミグレに到着

これは、20時間もかからんなと思ってたのに

ここからが長かった


普通陸路の国境なんて

中国側のイミグレとキルギス側のイミグレの距離

そんなに遠くないと思うじゃないですか


出国スタンプ、ポン

たったった

入国スタンプ、ポン

って感じ想像してたのに


実際は

出国スタンプ、ポン

峠越え

峠越え

峠越え

峠越え

峠越え(…5時間くらい)

入国スタンプ、ポン


いや、別にいいじゃんて思うかもしてないけど

こっちは今どこにいるかってわかる手段が地図しかないわけですよ

地図見て国境だからこの辺だから・・・

もう半分以上進んできたんだ!

のモチベーションが崩れてくのって

結構つらい


おまけに、キルギス側のイミグレに着いたのが

夜中の12時近くで

閉まってるっていうね


朝の9時までそこで待機ですよ(笑)


ずっと山道でパーキング的なものないから

水も買えないし、飯も食えないしで

水って大事だなって心の底から思った


でもね、一つだけスゲーことがあって

明りが全くない山の中

標高もおそらく2000mはあったと思うのね


上見ると

もう別世界


星ってこんなにあんだ


ってありきたりな言葉口走っちゃうくらい


天の川ってあんなにきれいに見えるんだ


ってくらい鮮明に


空が透き通ってた


見せられないのが残念なくらい不思議な空間だった

プラネタリウムの比じゃないよあれは


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして翌日

どうにかキルギスに入国できました


キルギスに入ってからは

山が緑いろになりの

万年雪の山があちこちにありの

景色がガラッと変わった


遊牧民が羊だの牛だの馬だの

放牧して


ゲルがあちこちにあって


ゲルと並んで、トラックの荷台も至る所にあって

それに人が住んでたり


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中道に停まって、

ウズベク人、キルギス人は

みんなして白い液体

買ってた


始めはヤギの乳と思ったけど

どうやら馬酵酒っていう

酒らしい


後日飲ませてもらったら

すっぱくて不味かった


予定より10時間オーバーで

ようやくキルギス第二の主都オシュに到着!


さよなら中国!

もう絶対行かねぇぜ!


BGM      いっぱい聞きすぎた・・・


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バスターミナルでキレた ウルムチ

僕はウルムチのバスターミナルで

カシュガル行のチケットを買うために並んでいた


ウルムチのバスターミナルはすごい人で

チケット売り場の窓口から長蛇の列

窓口は全部で8つ

それぞれの窓口で買える切符が違うらしい


僕は、入り口から一番奥のカシュガル行の窓口へと

続く列の最後尾に並んだ


大体窓口まで50人位

まぁ、遅くても1時間あればチケット買えるだろう

そう思ってたんだけどね

甘かったよね




待てど暮せど進まない列…

30分で15㎝位しか進んで無いんじゃないかってくらい進まないんさ


でも辛抱強く待つしかない



待つこと2時間半


ようやく窓口の近くまで来れた(あと10人くらい)

ここまで来て列が進まない理由がやっとわかった

というか、予想は出来ていたけれど…


列に割り込むやつ、

列に並ばないで並んでいた人に金だけ渡して

チケットを買ってもらおうとするやつ

出口から入って行くやつ

(窓口の前に柵があってちゃんと出入口が分かれている)

やっぱりだ


遅くなってた原因は物の見事にこいつ等のせいである


2時間半並んだ原因は物の見事にこいつらが

たかが10分やそこらで手にしたチケットの代償である


いま、自分の右横でチケットを受け取って喜んでるこいつ

のお陰で僕は2時間半も列に並んでいる


そう思うと、もう止められなかったの(笑)


目の前で割り込もうとするおっちゃんを見た時

頭よりも手が先に出ちゃった


全く知らない異国の地で

僕はウイグル族のおっちゃんの肩に手を置いていた(笑)


振り返るおっちゃん


僕は目の動きだけで

お前後ろに並べ

のサインを送る


ここが、全く知らない異国の地であるという恐怖なんて

これっぽっちも感じなった


そんなの聞く耳持たずなおっちゃん


親指を立てて

う・し・ろ・いけ

の合図


なにか言い訳をしている

たぶん、おれこいつと友達なんだよー


知るか!!


ついに声まで出した


「てめーの並ぶ場所はここじゃねぇって言ってんだろ」


ipodから流れてくる音楽で

自分の声の大きさがいまいちわからなかったけど

かなりでかい声出してたと思う

しかも日本語(笑)


もう、止められなかったの(笑)


怯んだおっちゃん一度体制を立て直しに

何処かに行ったと思ったらいつの間にか前に並んでた


同じようなことを他3人のチャイニーズに繰り替えし

(だって、どうしても許せなかったんだもん)


僕は眉毛がくっつくんじゃないかってくらい

眉間にしわが寄っていたに違いない

(あ、眉毛はもともとつながってた笑)


じぶんで、スゲー顔してるなって

ずっと思ってた


3時間後、チケットを購入


FUCK 中○生

間違えた

FUCK 中○人

って何度も叫びながら


駅構内を出た

もちろん注目の的だった(そんなの関係ないくらいの血の気があった笑)


わかってる

わかってるんだよ

ここが日本じゃないことも

概してこれは、途上国と言われる

国じゃ当たり前の光景であることも


わかってはいるんだけど

やっぱ、僕って生粋の日本人じゃん


中東諸国から嫌われてるどっかの国の言葉に

正しさより賢さって言葉があるけど


僕ら日本人の美徳って

賢さよりも正しさじゃん


だから許せなかったの


何が正しいかなんてわからんけど

許せんかったのさ


そんで、それ以来中国が大嫌いになりましたテヘペロ!


もうこの国には来たくねぇな

というか、この国滅亡しないかなって

本気でそう思った


でも、

ウイグル族が被ってる帽子

何でかぶってるのか知らないけど


ほんとはその帽子引っぺがしてやりたかったんだけど

宗教という人の命をも凌駕する存在に

その帽子には手を出さなかったのは偉いでしょぅ?




でも、あの時は勢いに任せてあんなことしたけど

大事に並んでほんと良かった


言ってしまえば四面楚歌も同じだからな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、ウルムチにはトルファンから3時間

たった3時間の距離なのに

気温が10℃も違う!


新疆ウイグル自治区の主都にして

世界で最も内陸になる町

ウルムチ

言わずもがなここもシルクロードの主要都市の一つだ


そんな場所に世界でもっとも内陸にある水族館があるらしい

海から最も遠い場所にある水族館

このB級感満載な響き

ってことでもちろん行ってみた


淡水魚水族館と思ったら

予想以上に海水魚が多い

施設なんて全然大きくないけど

サメ、亀、クラゲ、クマノミ、イワシ、エイ、アザラシ

なんか一通りいる感じ(笑)


まぁ、水族館のレポートしても仕方ないので

気になる人は自分で行って確かめてみて


ウルムチ南バスターミナルの東側にある遊園地の

敷地内にあるから!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水族館のあほくささに

だいぶ頭も冷えたと

思って宿に帰ると

冷蔵庫に入れておいた

僕のビールがなくなってた…


もう、散々な日だった


ほんとに疲れた


そして、僕は下痢になった…


※僕のことをよく知ってる人はTuckがそんな事って

思うかもしれないけどこれはフェクションではありません


BGM マキシマム・ザ・ホルモン : ぶっ生き返す


クリック!ポチットやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ついにここまで来ちゃった トルファン

ついにここまできた

新疆ウイグル自治区

長かった

てか、遠かった


中国の旅もいよいよ終盤だな

州、自治区を含め中国で最大の面積をもつ新疆

ここまで来ると街中の看板には

中国語とウイグル語の2言語が表示されてる


今まで僕が見てきた中国人は漢族の人たちで

(まぁ、雲南で少数民族も見てきたけど)

ここからはウイグル族が俄然増えてくる


古くからシルクロードの主要都市として各地のオアシスが栄え

発達していった新疆始めの町はトルファン

標高マイナス150mの低地にあるオアシスで

ブドウが名産らしい(生憎時期ではなくて食べれなかったけど…)


町の近くには三蔵法師も通ったという火焔山がある

そうそう、火焔山は夏場の地表温度が80度以上に達するらしい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トルファンへは敦煌―ウルムチの高速バスを途中下車することになった

(敦煌駅に行ったら途中下車の便しか出ていなかった)

途中下車の怖いところはバスが街中で停まるんじゃなくて

ハイウェイで停まって客を降ろすこと

案の定ハイウェイで停まった(笑)

公共バスも走ってる気配がないしタクシー使うしかないか…


タクシーでトルファン賓館へ

ここ一応日本語が喋れるスタッフがいる三ツ星ホテルらしいが

時代遅れ感が半端ない

正直3つ星ホテルを名乗るのがおかしいくらい汚い

一応ドミあり50元


中国のホテルって大体、旅舎―賓館―酒店でランクが良くなっていく感じ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブドウが名産ってことで、

ブドウ並木の道があった

ブドウはまだ硬い実だったけど

コジキが絶対勝手に持ってってるよなと思いながら

散策を開始する


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

眼鏡掛けてる意味あんのかな?


食堂のババア

8元の小さい椀の炒飯頼んだのに

15元の大きい椀の出してきやがった

もちろん15元を請求してくる


あんたでかいの食べたでしょうよー

うるせー俺は小を頼んだんだよ!

勝手にそっちがデカくしたんだろ!


8元だけ払って食堂を出る


因にばばぁの右後ろの文字がウイグル語


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて散策を始めましょう

トルファンの観光って言ったら

ベゼクリクとか交河故城とかが有名だけど

大体こういうとこってツアーに参加しないといけないみたい


なのでまずは、公共のバスで移動できる蘇公塔を

中国で一番大きいイスラム建築らしい

入場料30元


正直中まで入って見る価値なしなか

別に何があるわけではないし…

チャイニーズが居ると神聖な雰囲気台無しだし


まぁでも、これが土で作られてるってのは感動もんだ

削るとボロボロはがれてく(良い子はマネしないように)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、入り口の看板

右奥に写ってるのが蘇公塔なのに

看板…

僕は看板に従い…


みなさんは気を付けてください


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルから蘇公塔までウイグル族の居住区が広がってたので

ホテルには歩いて帰ります

トルファン市街地まで1時間くらい

ウイグル族の家、屋根がなかったりします

というか密室になる空間がないって言ったらいいのかな?

バイクとイスとベットが同じ空間にあったりします

ようわからんとです


因にこの日は最高気温42℃

服が燃えるように暑かった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まぁこんな家がずらって並んでる感じ

漢族とウイグル族で居住区がはっきり分かれてます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日、ツアーの参加をあきらめ…

だってどこからツアーが出てるかわからないんだもん!

(後でバスターミナルで85元のツアーがあるのを発見した)

ホテルにいたツアー勧誘のおっちゃんは胡散臭いし!


で、ぶらぶら歩くことにした

したら、ウイグル族の市場を発見

まぁ、これはこれでありだな


漢族とウイグル族、顔つきが全然違う

ウイグル族はだいぶ中東寄りの顔してます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな市場で公安とウイグル族の桃売りのおばぁが揉めてた

公安に突き飛ばされ、泣きわめくおばぁ

子連れで子供も一緒に泣いてた

集まるヤジ

僕は言葉が全く分からないので

もちろん状況なんてわかったもんじゃないが

(周りに英語しゃべれる奴なんていやしなかった)

国家権力と迫害を受けてきたウイグル族

自然に僕の物語の構想は決まる


ウイグル人ばばぁ(以下ウ)「だって、まだ子供だど、仕方ねーべや」

公安(以下公)「子供だからってダメなもんはだめだぁ、そんなとこに小便したら」

ウ「しかたねーべや、2歳のこどもに小便我慢させれねーべぇ」

公「だから、おしめしなさいっていつも言ってるでしょ、おしめっ」

ウ「うっせぇ、あんただって小さい頃どうせ小便もらし小僧だったんだべぇ、やーい小便小僧」

公「んだとこらばばぁ!」

ウ「う、、うぅ、ポリ公が、いじめだぁ」


良かった、今日も平和だな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、こっちの人はだいぶ人懐っこい

結構写真をせがまれる

イスラム圏の人の僕のイメージは

写真をせがむ人ってのがここで確立した


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、ブドウ園へ行ってみることに

(何度も言うが時期ではない)

ホテルの人に公共バスでは行けないと言われていたが

ブドウ園まで走るバスがあったので

乗ってみた


見事ブドウ園入口へついたものの

チケットを買おうとしたとき

見どころはここから8㎞先よと言われ…

僕はブドウ園の入り口だけ見て帰ることに…


何しに来たんだかほんと

40℃の気温の中、重たい足をあげてホテルへ…


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このブドウ園の後ろには火焔山が悠々と連なっていた


BGM   Monkey Majik : Around the World


クリック!ポッチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

砂漠ってすげーなぁ 敦煌

正直、あんまり期待してなかった

だって、兵馬俑が期待外れで・・・


鳴沙山ねー

どうせ砂丘でしょ?

金取るだけ取って大した規模無いんでしょってなってた


成都、西安ってあまり面白いものを見れないでいたので

ちょっと観光ムードが薄れつつあったのである


熱いし、ホテルでゆっくりでもいいかなぁって

誘惑に晒されながら

敦煌きたしとりあえず行っとくかって

重い足を頑張って上げたった


でもね、

行ってよかった

砂ってほんとすごい

ほんとにすごいんですよ!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西安から敦煌まで列車で24時間

日本だったっらありえない時間を列車の中で過ごす


でも、硬臥だから快適そのもの

横になれるとこうまで違うとは


最近長時間移動に慣れてきたのか

結構時間過ぎるのが早い

景色見て、本読んで、ゲームして、旅のいろいろ考えて整理して、

そんで寝ればあっという間に24時間が過ぎる


列車はゴビ砂漠の中をひたすら走る


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敦煌に着いた

こっちに着くと杏をよく見かける

特産なのかな?

昼食の食堂でおっちゃんに

3個もらって食べたけど、甘くて上手かったな


そういえば、またホテルが見つからないで苦労した

今度はホテルあったからよかったけど、

ネットの地図と道が一本違っていた

5つ星ホテルに駆け込んだら受付のあんちゃんが

気さくにホテルの場所まで案内してくれた

ほんとにありがとう


にしても、ユースホステルに加盟してんだから

その辺しっかりして欲しい全く


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、ホテルにチェックインして、鳴沙山への行き方を聞くと

昼間は暑くていけないから5時過ぎに行けと言われ

それまでに夕食を食べることに

一人前から鍋を出してる店があったので

一人鍋してみた(笑)


羊トマト鍋


これがうまかった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、なんやかんやで7時前鳴沙山に向け出発

公共バス3番線が鳴沙山前まで出ているので、それに乗って


道路を曲がるとその先にでっかいのが見えた


もう、やる気20%から200%くらいまで

急上昇したね


バスの助手席まで乗り出したもん


期待が小さかった分

ほんとそれくらいの衝撃だった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さっそく入場料を払って

麓へ

訳のわからないジェスチャーで写真を撮ってもらう


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんで登頂開始!

ほんとに綺麗なんですよ

特に日が刺したときの

光と影のコントラストが


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいぶ高いところまで登ってきた

傾斜15度くらいかな?

砂に足取られて3歩進んで2歩下がる状態


だいぶ時間が経ってから先に歩いた人の

足跡の上を歩くと砂に埋まらないことを発見してだいぶ楽になった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登った遠くに見える三日月の湖は月牙泉って

天然のオアシスで枯れたことがないらしい


手前のは中国政府が作った無駄な施設


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登った先にもっと高い砂丘があったので今度はそっちを目指す


そういえば、砂丘と砂漠の違いって

砂漠は気象環境や地形のことで

砂丘は土地の形状のことらしい

(降水量の違いによるものではないらしい)


だから、鳴沙山はゴビ砂漠の最西端にある砂丘って言い回しになるらしい


でも、これ見たら誰だって砂漠だって思うよね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろを見ると敦煌市街が広がってた

緑が多いな

オアシス都市ってだけのことはある


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風が常に同じ方向から吹くから砂が堆積するらしい

そんで、風が吹くから綺麗な波紋ができる


因に、鳴沙山の名前の由来は風に舞った砂が

音を奏でるところから来ているそう


まぁ、中国人観光客が多くて

砂の奏でる音なんて聞こえないんだけどね(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山登りを楽しんでるうちに夕暮れが近づいてきた

この先がサンセットスポットらしい


すげー道のり


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ちる夕日

染まる大地


もう言葉なんていらないと思えるこの瞬間も

中国人は五月蠅いです、はい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンセットポイント

人があんまり多くないのが唯一の救いかな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンダルを脱いで歩き回ってたら

いつの間にかサンダルが砂に埋もれてた


ここはサンダルで来ることをお勧めします

靴ごとビニールで覆うやつの貸出してたけど

あれ、蒸れそうです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

綺麗な夕日が沈んでく

完全に日が沈んだのは9時10分過ぎ

砂丘を降りて帰りのバスに


バスの中で綺麗なマジックアワーを

眺めながらホテルに戻ります


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日、この日夜行バスでトルファンへ向かいます

時間があるから莫高窟に行こうかなって思ってたけど、

たぶん、いや絶対俺行ってもつまらないと思い辞め

市街西に党河っって河が流れてるみたいだからそこに行ってみることに

したら、すごい水量で

バタフライして対岸目指してる人いたり(笑)


まぁ、そんな感じでバスの時間だ(笑)


正直、敦煌来て莫高窟行かないとか、

頭大丈夫って感じだと思う

ホテルの人にも

えっ、行かないのって言われたくらいに


でも、それでいいや

自分の行きたいところを回れば

自分で行くところを決めれば


旅ってホント選択の連続だなっ

まぁ、旅じゃなくてもそうなんけどね


非日常にいると余計強く実感する


BGM    One OK Rock : キミシダイ列車


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

麻雀を嗜む 西安

シルクロードの起点となる町にやってきた


秦、漢、隋、唐の都として繁栄してきた古都西安


何か、名前だけでここまで来てしまった感じになってしまったな

蘭州という町を目指す手もあったのに

とりあえず、ウイグル目指すのならまずはここからだろうと


歴史にあまり興味がない僕の目に映ったのは

多くの賭博をする人たちだった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうしてもマックを食べてみたかった

中国マック

味は同じだ(そりゃそうか笑)

でかさも日本と変わらないな

ただ夜にはごはんが食べれるみたい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西安に来て初めて麻雀をしている人を見た

しかも、町の至る所で打ってる


東場だけ拝見したけど

どうやら日本とルールが全然違うみたい


彼らよく鳴く

ポン、カン、チーのオンパレード

しかも、日本なら

111 123 567 999 22

はリーチしないと上がれないのに

こっちでは余裕で上がれる

しかも鳴いててもOK(笑)


だから基本小さい手しか決まらない


捨て牌もぐちゃぐちゃ

誰が捨てたのかわかったもんじゃない(笑)

駆け引きという言葉を知らんのか!


ただ、得点の計算はめっちゃ早かった(笑)


そういえば、トランプでの賭博もよく目にしたな

30分くらい見てたけど全然ルールわからんかった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

賭博場を後にして、城壁内の散策を開始

西安には3Km四方の立派な城壁がある

まさしく古都って感じだ


しかもシルクロードの起点として

色々な寺院があった


上はチベット寺院

シルクロードってのは1本の道じゃなくて

いくつものヨーロッパへ向かう道があって

それの総称がシルクロードと言うらしい

だから、上はステップロードと言われるカザフスタンを通る道から

下は僕が通ってきた大理などを経由してインドを通る道まで

(もちろん、チベットを通るルートもある、だからここにチベット寺院が立っていても不思議ではないと)


そのお蔭でいろんな宗教の寺院が混じり合ってんだろうな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寺院内は松賛林寺と違い撮影可能だった

すごい数の菩薩?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蘭州にも近いので

町のいたるところに蘭州拉麵の看板を見つけた

蘭州は豚骨ラーメンで有名らしい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん食べてみた

ラーメン???

日本の拉麵とは麺がだいぶ違うみたいだ

どちらかというと、にゅう麺の麺が太いやつみたいな感じ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イスラムの寺院も見つけた

やっぱり僕寺好き


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぶらぶら歩いていると露店がたくさん立っているエリアに

腹が弱いので露店ってどうしても躊躇ってたけど

いままで、腹痛にならずここまでこれてるから

ちょっと買ってみた

羊肉の串焼き(ずっと炒め物ばかりで焼きを食べたくて仕方がないこの頃)

とよくわからん飲み物

かき氷のシロップみたいな・・・


こいつ色んな種類があるみたいなので

今度別のも試してみようかしら


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日、おそらく西安と言ったらみんなこれを思い浮かべるだろう

兵馬俑に行ってみた

西安駅から兵馬俑行きのバスがいくつも出ていた

片道1時間7元か8元


社会の教科書にも載ってる日本でも有名な場所だ


秦始皇帝兵馬俑博物館

入場料150元(ほんとに高い!)

世界遺産にも登録されている


もともとは農村地帯で農民が畑を耕していたら

なにか出てきたぞって感じで発見されたらしい


施設は1号抗、2号抗、3号抗、博物館とあって

メインはおそらく1号抗

2,3とは規模が違う

博物館は最近できたのかな?

発掘の写真とか

出土品とかの説明があった


上の写真は博物館ので

下の写真が1号抗の


中国人観光客がうじゃうじゃいた


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

有名なのはこの写真かな

めちゃくちゃ広いって成都のホテルの人に教えてもらってたから

どんだけ広いんだってわくわくしてたのに・・・

体育館一個分くらいで愕然だったなぁ(笑)

見渡す限りこれが広がってたらすごいんだけどな・・・


そして、つくづく歴史的建造物に興味がないと実感してしまう・・・

その建造物が今の人々の生活と密接に関わってると面白く見れるんだけどなぁ

(おそらく僕には想像力というものが足りないのだ)


そういえば、こいつら

一人ひとり顔が違う手の込んだつくりになってるみたい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中国人に兵馬俑を日本語訳させると


テラコッタ戦士と馬になるらしい(笑)


所々で日本語を見かけるけど、もう少し頑張ってほしい・・・


この後、秦始皇帝陵ってのが近くにあったから見に行ってみたけど

・・・ただの盛り上がった林


もっと古墳みたいの想像してたのに

木しか見れずに終わった


さて、西安も早々にもっと西に向かいますか!!

今度は硬臥だ!!

横になれる!


 

message            こんな旅をしててなんだけど、僕の世界が広がるのは

いつも君といる時だって最近実感してる



 

クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

香格里拉→挙枝花→そして成都

香格里拉から成都へは直通便がない

どこかの町でバスを乗り継がないといけないらしい

成都への出方はどうやら二つあるらしい


一つは、東チベットと呼ばれるエリアを通って

成都まで抜ける方法(香格里拉―理塘―康定―成都)

もう一つは、麗江からの道を戻る形で通り挙枝花という町にでて

そこから成都へ向かうというもの

(麗江から成都への直通便も出ているらしい)


ほんとは、東チベットエリアを通って成都まで向かいたかったが、

乗り換えがよくわからずでちょっと怖かったのと、

バスステのおばちゃんも挙枝花に出ろと言われたので

挙枝花を目指すことにした

(東チベットを通るルートのが面白そうだったのに)


里香格拉―挙枝花 19時間

挙枝花―成都    9時間

の長い長いバスの旅が始まった


DSCF1452

香格里拉から挙枝花までは、夜行という事もあり、寝台車だった

イスではなくてベットがバスの中に敷き詰められていた

こりゃ楽だ

ただベット臭い


DSCF1460

山をいくつ超えたかわからない

3,4つは軽く登って降りての繰り返し

トンネル掘れよ、ほんと


DSCF1465

途中、夕食で小さなパーキングによった

と言っても、もう夜中の12時近く

20元という高い金額を払って飯を頂く


ここを切り盛りしているご家族の居間(居間と言ってよいのか・・・)

フラッシュたいたらそれなりに写ってるけど

6畳ない部屋の左右にソファ(かなりぼろい)

そのくせ、テレビは液晶の30インチくらいのでかいやつ

すごくアンバランス


昔、ナショナルジオグラフィックで

低所得層が求める最新技術製品

みたいな感じの記事があったな


日々生活していくだけで大変なはずなのに

彼らが欲しがるのは明日の食糧ではなくTVであったり・・・


「だって、娯楽がなくなったらつまらないだろう」

記事はそんな感じで締められてた気がする


東日本大震災でも、震災直後こそ、食糧だ住居だ布団だ

と言っていたけれど、少し時間が経つと喜ばれるのは

酒や煙草といった嗜好品であったり

(決して被災した方々の誹謗中傷を書いているのではない)

(人間とは概してそういうものだと言う事を書いている)

(それに、僕も被災した側寄りの人間だ)


それはわからんでもないことだけど、

援助とはなにか?

低所得層にTVを与えることが援助になるのか?

じゃぁ、米とTVの違いは?・・・

どっちが大事かなんて、当事者にしかわからない問題ではないのか

そんななか、正しい援助なんて不可能ではないのか?

そんなことを考える夜になってしまった


DSCF1469

ちょっと話がそれてしまったが、

さっきの小奇麗な(嫌味)パーキングで

飯を食ってさぁ出発とはいかなかった


みんな、寝てやがる・・・

明け方4時ごろやっと出発

ふざけんな!!


朝8時半やっと挙枝花に到着

運よく9時の成都行のバスが取れて

30分後出発


昼頃パーキングに停まったので

昼飯と思って喰らいついていると

運転手が何飯食ってんだみたいなこと言ってくる


わからんわ、んなもん

だったら飯屋あるトイレに泊まるなよ

と心の中で思いバスへ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜の8時どやっと成都についた

長い長いバス移動だった・・・

それからこんな移動が増えると思うだけで

ぞっとする


Sim’sは世界一のゲストハウスと呼ばれているらしい

何が世界一かはわからなかったが、

ツアーデスクあり、DVD鑑賞あり、バーありと

痒いところにも手の届くようなゲストハウスだなぁって感じ


まぁ、僕は何も利用しなかったけど(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成都で

よく見かけたこの看板

そのままの意味だった


みんなが、頭も中で描いてるものそのまま


全くもってけしからんな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成都といったらマーボー豆腐

四川といったらマーボー豆腐


四川料理は辛いと高を括っていらた、あれ?そんなでも

山椒きいてて確かに辛いけど、全然いける


と思ってたら後で痛い目を見たのは言うまでもない


DSCF1483

成都を後にし成安を目指す

今度は電車で18時間の移動

硬座

クッションついてたけどもう、乗りたくないと思った


兎に角うるさい、中国人のマナーってなんなんだよ

電気はつきっぱだし


夜を越すのにこれはダメだ

全然寝れたもんじゃない


そういえば、先日席のグレードの話をしたが、

硬座のさらに下のランクがあった


無座


座る無い?


意味が解らないが

そのままの意味だった


全席指定なのに

立って電車になる中国人がちらほら

あぁ、日本の新幹線の自由席みたいなもんね


走る時間はだいぶ違うけどね


成都、洗濯物干して終わったな・・・


BGM Sound Schedule : ピーターパンシンドローム


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村