カテゴリー : ブータン

ブータンM入国情報

ブータンに行きたいけど、お金が・・・

て人のために、一応書いておこうかな

 

ブータンは観光に毎日250USDが

かかると以前書きましたが、インドのジャイゴン

との国境からM入国することが出来ます

(といってもプンツォリンだけですが)

 

どういうことかというと、インドとジャイゴンと

ブータンのプンツォリンにある国境は

インド人とブータン人の往来が自由なんです

 

で、日本人の顔がブータン人に似てるという

特徴をいかして、M入国出来るのです

 

ちなみに、プンツォリンという町の外に出るために

セキュリティチェックがあるため、プンツォリンに入っても

その先(パロとかティンプー)に行くことは不可能です

 

それでも、雰囲気だけでもブータンをって人には

もってこいだと思います

 

で、まぁここまで書いてる記事はいくつかあるんですが、

町に地理がいまいちピンとこなかったので、

簡単にまとめてみました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

大体こんな感じです

 

点線の上がブータンのプンツォリン

下がインドのジャイゴンです

 

まず、ジャイゴンへの行き方

まずは、インドのシリグリという町を目指します

西ベンガル州の上ら辺(ダージリンとかです)の

交通の主要になってる町です

バスターミナルの向い側に安宿が10件くらいあります

とりあえず、そこに宿泊しましょう

 

ここからジャイゴン行きのバスが

朝9時に一本出てます

(正確には2本あるが、他方はバスターミナルじゃない処に

停まるからアクセスしずらい)

 

因に、たまにこのバスが出ないときもあるみたいです

その場合はシリグリ-ハシマラ行きのバスに乗り

ハシマラからジャイゴン行きのバスでアクセス可です

←僕は直通バスが出なかったのでこの方法で行きました

 

シリグリから5時間くらい

無事ジャイゴンのバスターミナルに着いたら

乗り合いのオートリキシャーが何台か停まってます

そこで、ボーダーに行きのリキシャーを探して乗り込みます

このあたりはぼったくりはあまりないです

だいたい10分位走ったら

写真の門ってところ辺で降ろされます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これが門です

この向こうはもうブータンです

 

とりあえず、まずはジャイゴン側に宿をとりましょう

国境気近くに結構な数があります

 

僕はボーダーから歩いて15分位の

Hill View Hotelに宿泊しました

ガイドとの打ち合わせの都合で

綺麗なとこで450ルピーでした

 

さて、ブータンに入国です

さっきの門は車専用なんで

徒歩の人は

門に向かって右側のゲートから入ります

 

出来るだけ現地人に溶け込むようにしましょう

 

軍人がいますが、特になんのチェックもなく

入ることが出来ます

 

ブータン入国完了です!!

 

つーてもブータン側プンツォリンは特に

見どころないんでぶらぶらしてください

 

現地の人にはツーリストかと言われたら

普通にツーリストといって問題ないです

 

心置きなくプンツォリン観光できます

でも、プンツォリンは出れませんよ、気を付けてください

以上です!!

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

本当に国民の97%が幸せ????

97%ってのは

ブータンを語る上で欠かせない

ものになってる

 

これが何かって、

2005年の国の調査で

国民が「幸せ」と答えた人の

割合らしい

もちろん、こんな調査をしてるのは

GNHの政策の一環である

 

この97%ってのが、

ブータンが幸せの国って伝説を

作るのに、一役買ったのは言うまでもなく

 

でも、普通の人なら

ホントかよっておもうでしょ

世界広しといえど、そんなことあるん?

ってなるでしょ

 

もちろん、これにはちゃんと

からくりがあります

幸せ調査のアンケートが

1.とても幸せ

2.幸せ

3.あまり幸せじゃない

の3段階調査でした

 

その結果

とても幸せ:45%

幸せ:51%

あまり幸せじゃない:3%

という、とても幸せ、幸せで97%を占める

伝説を作り上げました

 

この3択だったら、日本人でも

あまり幸せじゃないに○を付ける人は

少ないなじゃないだろうか

 

でもこれはこんなアンケートを

作った国だけが悪いのじゃなくて

アンケートの結果だけを、好き放題に取り上げた

マスコミにも非があるようです

 

まぁ、マスコミの報道にはいつだって

お金と権力があるって相場で決まってる

から仕方ないことなんでしょうね

 

そんで、アンケートを見直して

2010年に行った調査では

4段階評価で

とても幸せ:8%

まぁまぁ幸せ:32%

少し幸せ:48%

幸せじゃない:10%

となり、幸せの割合(上二つを足したもの)が41%

となり、幸せ指数が激減した

 

この数値がどうなのかってのは

いろいろ議論があるようですが、

幸せなんて概念、数値化するほうが

難しいんだろうな

 

詳しくはこっちを

 

さてさて、記事はブータン最終章です

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とうとう、ブータン出国する時が来ました

この美しの景色ともお別れです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真はパロ川とティンプー川が

交わるところです

 

今日は入国したところと同じ

プンツォリンという町に戻ります

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初日に初めて食べたレストランで

最終日の最後も全く同じ料理を(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

6時間かけて、プンツォリンに到着しました

 

奥にある柵がインドとブータンの国境です

インド人とブータン人は行き来自由です

 

日本人もブータン人に顔が似てるから

密入国可能のようです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プンツォリンの街並み

初日に入った日はあんまり感じなかった

けど、今見るとここもブータンぽくない町です

 

そんで、インド人がたむろってるから

あんまり、気持ちい感じにならないですwww

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プンツォリンの中心にある広場

ダルシンみるのもこれが最後です・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これからインドのコルカタに向かいます

 

ガイドさんがいろいろ手配してくれて

ブータン側からバスに乗せてくれるようです

バスはバスだけど、ブータンのバスに乗れる人なんて

ブータン旅行した人の中でも一握りでしょうね☆彡

GNHExpressって名前です

ブータン政府も押してきますね

 

これで僕の短いブータン旅行も終わりです

3度目のインド入国(笑)

そして、スリランカに飛びます

 

 

さいごに、ブータンでこの旅

初めてのお土産買いました(笑)

 

ポストカードです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わかります、げへへ

 

ドラゴンです、いろんな意味で

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

げへへ

 

これ、やばいよね

ね、ね

 

ぴゅってしてるよ

手で掴んじゃってるよ

 

なんでも、魔よけの意味があるとかで

家に書いたりするのが伝統みたいですね

でも、近代化が進むブータンで

これを恥ずかしいという人が多くなってきてるみたいですよ

 

さて、眠くなってきたので寝ます

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます

またインド(笑)って思った人は

クリックねがいしまっす!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

そして、理系が世界を支配する

 

 

 

 

ご無沙汰です

秋もすっかり深まって来る時期でしょうか

 

先日の台風もそうでしたが、

今度もまたビック台風が日本に

急接近してるしてるそうじゃないですか

 

年々上昇しているように見える気温

流石におかしくない?と思える異常気象の数々

地球どうなるんですかねー?

地球温暖化は嘘だったなんて騒がれて久しいですが

人間が行ってきたことの代償は

きっと、どっかで僕らにかえってくるんでしょうね

 

ところで、今月のクーリエ・ジャポンの

ピックアップトピックが

そして、「理系」が世界を支配する

なんですが、やっぱ、そろそろ

僕の時代が来たってことでいいんでしょうか?

巷では、最近ビックデータ革命なんて

騒いでるみたいじゃないですか

 

まぁ、最近のクーリエはだいぶビジネス寄りで

かつIT寄りの記事ばかりですが、

要はそれほど、ITってのは活発に動いてて

毎月記事書けちゃうぜってことなんでしょうな

 

あー読みたい

理系よいしょよいしょしてくれてる内容なのかな?

理系の中でも、物理を専攻しててITの知識もある

って人だけよいしょよいしょでいいけど

 

…ごほんっ!

・・・

・・・

 

私、大学では物理を専攻しておりました

特に宇宙物理学に興味をもっていて、

宇宙で起こるガンマ線バーストという事象を

研究してきました

研究にはプログラムの知識も欠かせないので

論理的な考え方、アルゴリズムの考え方

持ってます

これはもう言うなれば、私、金のなる木です

使えますよ、私

なんてったって、理系ですからね

 

だから、

だから、

このぶら珍が終わったら

 

誰か、俺の事雇ってーーーーーーー(ノД`)・゜・。

 

だって、理系の時代だろー

俺たちの時代だろー

俺理系だぜ、ITかじってるぜ、ぶつりDAZE!!

世界は理系が支配するにゃろー!!!←噛んだ

 

よし、このまま、ティンプー観光の

続きいきましょう!!

 

今回は、あれです、あれ

中国三大珍獣の一角をなす

ターキン君のお出ましです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じゃーん!!!

これがターキンっす

 

寄ってきた、ターキン

なんて、愛らしいんでしょう

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ガイドの持ってる葉っぱに

つられてきたようです

 

間抜けな顔してますねぇ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉っぱ食ってます

 

ガイドさん隣に格子がないところあるのに

わざわざ格子越しに葉っぱをあげる

どSぶりを披露

 

ターキンも困惑してます

 

はい、これでお終い

10分位でターキン見物終わりました…wwww

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、民族衣装を着せてもらって

町を歩き回ります

衣装は’ゴ’って名前です

 

かなりイカします!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お土産やが並ぶ道

 

現地人の半分以上が

民族衣装のキラ、ゴを着てますが、

僕が着ててもツーリストってバレバレでした(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブータンに唯一ある交通整理

 

昔はここに信号が建ってたらしいですが、

風土に合わないと撤去したそうです

そうやって、国の文化を大切にしているブータンです

その、覚悟はすごいなと素直に思います

 

ただ、ブータン政府の収入の1/3程度が

ODAに頼っている現状

GNHというUniqueな政策と並行して

国の自立も実現していかないといけないんだとか

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、夕食

これは、米から作るさけだそう

 

日本酒とほとんど同じ味でしょうか

とても、うまい

日本人の口に合います!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、これ!!

そば!!

いや、そばって名前じゃないですが、

そば粉から作ってます

 

ブータンでどうしても食べたかった料理がこれ

そもそも、僕がブータンに興味を持ったのは、

これのお陰と言っても過言ではないですな

 

味は、、、

そばですが、そばじゃないって感じでしょうか

粗びきで山椒が効いてます

旨いですよ

 

ホントは、ブータン中部の料理なので、

西部のティンプーでは食べれないだろうと

言われてたんですが、ガイドさんが頑張って

探してくれました!

 

ありがとう、ガイドさん!!

 

満足、満足

明日でブータン最後です

って言っても、明日ほぼ移動ですが…

 

今日はこれまで!

じゃぁね、また!

 

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます

これからは、理系の世界だって思うんです、私

って人はクリックねがいしまっす!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

その国は鮮度が違う

現在リアルタイム、スリランカ!!

毎食ビュッフェ食ったり

バワのホテル泊まったりと

豪遊中です!!!!!!!!!

 

さて、記事は引き続きブータンです

残り滞在日数が少なくなってきました

 

何度も書きますが、ブータンほんとに

おもろいところです

 

 

何がおもろいねん?って

やっぱり、ほかの国と新鮮さが

ちゃいます、全然ちゃいます

 

何というか、他の国って

テレビで見たことあるところが

ほとんどなんですよね

 

ピンポイントで

ここの国テレビによく出てるー!

じゃなくても、同じ文化圏の場所は

テレビでよく見るとか

そういう視覚的情報があって、

その文化圏に行って

あー、ほんとにあるねぇって感じのが

いままでの旅だったと思うんですね

 

でも、ブータンってそういうのが圧倒的に

少ないんですよ

や、ネットで能動的に探せばいくらでも出てきますけど、

やっぱり、小中学校の頃から見てきたテレビで

受動的に入ってくる情報って結構今の僕らに影響してる

ところあると思うんです

ブータンってそんな、テレビの情報が

圧倒的に少ない国だと思うんですね

チベット文化圏言うても、僕らが一番イメージしやすい

チベット自治区なんかとは大違いだし

 

だから、あー、これがあれかってのとか

うわーこの景色見たかったーとか、

ほとんどないんですよ

 

それが逆に面白い

そんな鮮度のいい国、やっぱり少ないと思います

そんな国だと思うんですねー、僕は

 

という事で、今日はティンプーの

見どころを一気に見せちゃいます!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

早朝

タンゴ僧院という転生仏様のいる

学校へ向かう

 

超簡易チョルテンが作ってある

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

向かう道の途中

サル見つけた

どう見てもオヤジwww

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

タンゴ僧院着
超超超

運よく転生仏のテンジン・ラプゲを

お目にかかれた

転生仏って言うのは、僕もよく知らないけど

言葉の意味そのままを理解して頂ければと思う

 

産まれた時からリボーンとなった彼

僕ら無宗教者から見れば

ごく普通の少年(まだ18歳)の

目には世界ってどう映ってるんだろうか…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タンゴ僧院にあるマニ車

一生懸命回す姿が愛おしい6歳の女の子

 

因に、ブータン人かなり英語話せる

教育に英語は必須科目だし

この国の、海外とやり取りするビジネスに

携わる人口の比率が他国のそれより

多いらしいから、その影響もあるのかも

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ベガナの岩絵

書いてあるのはグルルムチ

彼はいくつもの顔を持っているらしく

感情によって、その表情が変わるらしい

 

グルルムチはブータンを知る上での最重要人物

詳しくはバックナンバーブータンの聖地

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ローカルレストランの昼食

 

辛いのトライしたいと言ったけど

本格的なブータンの辛さは耐えられないと

ブータンにある中華料理屋に連れて来られた…

その心使いうれしいんだけども、、、

まぁまぁ、ギリ食べられたねwwwww

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

町並み

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

町並み

昼食時でなかなか混んでるんだって

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メモリアル・チョルテン

3代目国王の記念碑

(本来は記念碑の意味合いはないらしい)

 

ティンプー市内観光の

定番スポット

※チョルテンは仏塔の意

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メモリアル・チョルテンの

周りを回る現地人

手には、マニ車

チョルテンは周りを3周する

決まりがあるらしい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クエンセルポダン←大仏の名前www

 

シンガポールからの資本らしい

自称世界最大とうたってるらしいが

牛久の大仏のが、でかい!!!

牛久大仏を知りたい人は

バックナンバーブータンの聖地

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAクエンセルポダンの乳首

立ってる

 

欲がない仏様でも、

立つものは立つんかなぁ?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そら

 

よく考えりゃティンプーは

標高2000mで空も青いわ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あおい

 

そら

 

写真はちょっと加工してる

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ティンプーの町を見下ろす

これが、一国の首都の大きさ

 

まぁ、ティンプーは開発ラッシュが続いてて

南に新設のビルがどんどん建ってる

どこの国も開発は続いていくし

経済成長していくのだ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

伝統技芸院

100人くらいの学生が宗教関係の

芸術を学んでる場所

なんと、日本人も2名ほど

この学校で勉強してるらしい

 

海外で生活する日本人って

つくづくすげぇなぁと思うわ

僕には絶対出来ん

 

 

さて、次はジャイアントパンダ、キンシコウに

ならんで中国の3大珍獣となっている

ターキンに会いに行くのですが、長くなってきたので

今日はここまでにしますか

 

ターキンはブータンの国獣です

詳しくはわすれましたが、

この地を開いた人がターキンを

連れてやってきたとかなんとからしいです

 

見た目も変な生物です

ということで、それは次回のお楽しみに!!

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます!!

まだまだこれから頑張ります

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

近代化と伝統で揺れるブータン と 旅人の葛藤

 

 

 

 

ブータンの首都ティンプー到着

 

ハの町から3時間で、田舎町から

大都会へ(いや、大都会は言い過ぎた)に

景色が一変します
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ティンプー・ゾン

 

ここで、王様も仕事をするらしい

そのため、他の地域のゾンと違って

軍人がいっぱいいた

 

もちろん、GNHの政策もここから発信される

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゾン見学のあと、日曜マーケットへ

 

相変わらずの唐辛子

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAすごい、唐辛子

 

マーケットやってる建物が2階建てなんだが、

1階がMade in India

2階がMade in Bhutan

と区画分けしてあるらしい

 

ちなみに、Made in Bhutanのほうが高い

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAティンプーの街なみ

 

他の地域では見なかった

ビル(ビルというには抵抗あるけど)が

ずっと、並んでる

 

ただ、首都でさえも

信号は一つもない

なんでも、景観を損ねるとかで

一度建てたのを壊したんだとか

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブータンサッカー

 

入場料取ってたし

おそらく正式なチーム

かなりレベル低かったけど…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそうそう、自国の文化を守りながら

緩やかな発展を目指すブータンでは

スーツ姿というものを見かけることがなかった

 

仕事はキラ・ゴという民族衣装を着なければならないらしい

学校の制服もキラとゴが普通

(もちろん、例外はあるだろうけど)

 

まぁ、民族衣装なんで、

それが彼らの普段着でもあるのだけれど…

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそれでも、

自国の文化を大切に…

と考えている政府の考えとは裏腹に

押し寄せてくるのがグローバリズムの波というか

若い子たちは、

やっぱり、おしゃれを楽しみたいらしいし、

西洋に対して憧れみたいなのを持ってるようだし

 

僕はツーリスト目線しか出来ないから、

ブータンって国の文化が壊されていくのは

嫌だと思ってしまうけども、

きっと、そんなに単純なことじゃないんだろうな

 

グローバル化の弊害の話で

よく、ラダックなんかが悲話として

話されるけど、そんなのメディアの勝手な報道で

本人たちがどう思ってるかなんて、結局

本人たちにしかわからないんだよなぁ

 

まぁ、それでも僕は

彼らが求めていなものを

先進国が勝手に持ち込んで

それで、生み出される欲求は

良くないとは思うけれども・・・・

 

でも、そういうサイクルがあるから

発展てのは起こるわけだし…

 

うーん、ムズカシイ…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

頭、最新に入れ替えないと…(笑)

 

ポンコツだからな、俺の頭

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういう、シンプルな感情見てるほうが

楽だし、楽しい(笑)

 

最近、てかタイムリーなニュースで政府の動きも

脱GNH的に変更とかって話聞いたな

その、良し悪しはわからないけども、

現地民の立場からしたら、

GNHかそうじゃないか、なんて関係なしに

「より良い生活」が出来ればいいと思うけどね

ツーリストとしては、GNHの理念はこれからも

貫いて欲しいなぁと思ったり

 

とまぁ、フラット化する世界ってのは

これからもツーリストの最大の葛藤なんだろうな

 

あー、でも、ムズカシイ…

 

とりあえず、僕はブータンの文化が好きだ!

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます

最後にお心づけをー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

 

HAA!

 

ハという町は

インド軍の駐屯基地があるため、

外国人が観光できるようになるのが

他の地域よりだいぶ遅かった

この地区が解放されたのは2001年と

つい、12年前

 

渡航した外国人数自体もまだまだ少なく

良く言えば、外国人慣れしていない

素のブータンを味わえるという場所という事らしく

ハは特に見どころがあるわけじゃないけど、

観光の王道ルートから外れて観光に来てみた

 

これが、ブータンのよくある田舎町の

風景って感じらしいよ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハのホテルにチェックインした後

さっそく町に繰り出す

ガイドさんからは明日町も案内するから

今日はゆっくり!なんて言ってもらったのに

我慢出来なかった(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルから市街地までちょっと離れてるけど

ぶらぶら歩いてくかぁ

 

↑仏舎利!

 

この町の子たちは

みんな写真撮っとせがんでくる

パロにもティンプーにもない光景

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こどもたち1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こどもたち2OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こどもたち3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こど・・・

 

メインストリートに到着

路上で売ってるの

全部唐辛子wwwwwwww

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちわしてる

 

こどもたち4

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干し肉

肉干してるんだって

 

そういえば、腕に蛾が止まった時に

叩こうとしたら、ガイドが焦って止めてきた

 

なんでも、ブータンで殺生はだめらしい

アリも蚊も殺しちゃダメなのよと

 

え、でもブータン人肉食うじゃんって言ったら

 

肉は全部インドからの輸入なんだとさ

 

私たちは肉は食べるけど、殺しはしないの

 

宗教ってのはほんとややこしいな

そんなのありかよ…

 

イスラム教の「豚肉って知らないで食べちゃったテヘペロ」なら

許されるってのは聞いたことあったけど

それ以上に違和感あるな

他宗教者がいて成り立つ、宗教ってのもあんのかぁ

というより、教えの解釈の一つかそんなの、

うーん、ムズカシイ…

 

あ、日が暮れてきたんで

そろそろホテルに帰りましょう

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

翌日

ハの町並みが良く見える丘に

やってきました!!!

ここからが、地獄の始まりです(*^^)v

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

THIS IS GAKE☆彡

 

…ホントにここ進むんですか???

と僕

 

大丈夫!私も初めての場所なの!!

とガイド

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あの白いのが目的地の寺院

なんで、毎日こんなのばっかなんだろうな…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何度この道通るの?と

ガイドに聞いたことか・・・

やっと、寺院に着いた

 

来た道を確かめようと

後ろ向いたら

来た道なんてわからなかった…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハに戻ってきた

町並み
メインロードは10分くらいで歩ける

ほんとに、それくらい小さい町
まぁ、でも静でゆっくりできる町ってのは

僕は好きだな

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

揚げ物

これで30円くらい

もろ唐辛子

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

きれい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガイドさんが

日本にある美味しいブータン料理屋を

教えてくれた

ブータン料理の辛さを知りたい人は

是非行ってみて!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家建築中

女性も基本家づくりに参加するらしい

というっか、大工は一人とかで

あとは地元の人が手伝うんだとか

 

ようは、みんな暇ってこと!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いいとこだったな

全然見るものないけど

 

なにもなかったけど、印象に残る町

っていくつかあったけど、

(たとえば、タシュケントとか)

ここもそういう町になりそうだな

 

で、だいたいそういうとこは

また行きたいって思えるんだから

不思議だよなぁ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、そしてティンプーへ

車で峠を越えて3時間

乱立するビル

ブータンの主都でありながら

もっともブータンぽさのない場所

 

ちょっと前に池上彰っちが特集番組で

近代化と伝統で揺れるブータンを

取材したのがここ

 

次回、ついにティンプーに突入

 

今日も読んで頂いて、ありがとうございます

最後にお心づけをー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周

ブータンの聖地へ

おはようございます

今日もすがすがしい朝を迎えております

 

ブータンって標高が高いんで(2000mくらい)

どこでも涼しいんですよ

思えば、ウズベキスタンの砂漠で地獄の

45℃越えを体験たし、

インドは湿気のある暑さでしかも汚い

そんな、経緯もあり

涼しいってだけでうれしくなります

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルから見るパロの街

稲田が美しいですね

そろそろ刈り入れ時見たいっす

 

僕の実家の周りも一面田んぼだったんで

海外で田んぼ見ると嬉しくなりますねぇ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はタクツァン僧院というところにトレッキングです

 

今日も!!トレッキングです

最近トレッキングしまくりです(笑)

 

というのも、ブータンを語る上でここは

欠かせない場所なのです

 

この場所はブータンに仏教を広めたとされている

グルルムチ(グル・リンポチェ)という人物が

ここに虎の背に乗ってやってきた場所と

されているらしく

 

そのため、ブータン人の信仰の

熱烈な対象となっている場所なんだとか

 

あ、写真の右上の白いのがそれです

因に標高は3000m近くです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もしかしたら、おれ病気なんかな…
え、あ、病気じゃない?正常?

なになに、ただ精神年齢が低い?

 

ツアーの車の一見以来

どうも、どうしても、目についてしまいます…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気を取り直して・・・

 

寺院に向かう道にも

ダルシンは沢山立ってます

にしても、美しいでふ、はい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2時間かけて半分まで来ました

目的地、指の差す方
聖地への道のりは遠いですな…

 

すでに標高2800mとかです

良い読者の皆様から高山病大丈夫?と

ありがたい声が聞こえてきます

 

僕は、これっぽちも大丈夫です!!

高山体質なんですかね?

全く高山病っぽい症状出ません!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現地の女の子

キューティクルがやばい

 

聖地だけあって、

観光客も多いけど、現地の人とか

お坊さんも結構登ってます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あふれんばかりのタルチョ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっと着きました

ブータンでは寺院の中の写真は

ご法度(冒涜に当たる)ため、

内部の写真を撮ることが出来ませんが、

内部を例えるなら

日本最大の仏像「牛久大仏」の中身を

想像していたければと思います

 

・・・なに?

牛久大仏を知らないと??

あの鎌倉の大仏の5倍のでかさを誇る

あの自由の女神の3倍のでかさを誇る

あのドラマ版もやしもんにも出てきた

あの下妻物語にも出てきた

牛久大仏をしらないだとーーーーー!!!!!!

 

images (1)

これだこれ!

 

因に牛久大仏の内部がこれ↓

 

???????????????????????????????

 

仏像が1000体くらい納品されてる

壁一面仏像

 

タクツォン僧院の中も

ブッダが中央にいて周りに仏像1000体みたいな感じ

 

牛久大仏の中はかなり不気味wwwwだけど

タクツォンのはかなり神秘的☆彡

 

これガチ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休憩所

 

猫とおっさん

最近、下髭だけ生やしてるんだが

不快でしょうがない・・・

 

水シャワーしか出ないと剃る気も失せる

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タクツォン僧院を下山

 

 

ブータン人じゃない、ましてや、

無宗教者の僕にとって、正直

それがどれだけの聖地であっても

いまいちピンとこない

ありがたみとか全然わからない・・・

 

ただ、感じれるのはその場に漂う空気だけ

こういう時、ツーリストってやつの限界を感じる

 

だから、そういう場所(たとえばイスラムのモスクとか)に

行くときは必ず、現地の人を見るようにしてる

現地の人を通してその場所の凄味を少しでも

わかることが出来たら幸せだと思う

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パロからハへ向かう

 

チェレ・ラ峠って4000mの峠を越える

糞寒い、半袖一枚でトレッキングしてた

2時後くらいに、ダウン羽織らないと

凍えて死にそうな貴重体験wwwww

 

ブータンの峠にはどこも

安全祈願をこめてたくさんのダルシンが掲げてある

戦国時代の旗みたい(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

峠のあたりがちょうど土砂降りで

ガラスがかなり曇る

でも、ACなんて柔なものは使わない(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パロから3時間

2001年まで外国人訪問禁止の地だった

ハに到着

 

一日目同様、綺麗すぎるホテルにチェックインし

明日の予定を確認してガイドと別れた後

僕は一人でハの街に繰り出した・・・

 

 

次回、西ブータンで最後に開かれた桃源郷

ハから街並みをお届けします

 

いつも読んでくださってありがとうございます

ホントにホントにう、嬉しくなんか

ないんだから!!!!!!

最後にお心づけのクリックを

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スマホの人はこっち↓

にほんブログ村 世界一周