カテゴリー : キルギス

キルギスまとめ

キルギス旅行まとめです


<期間>
7/5~7/17


<費用>
宿:4700ソム(9400円)
移動:4260ソム(8520円)
食事:3290ソム(6580円)
ビール:879ソム(1758円)

合計
14236ソム(28472円)

日平均
1095ソム(2190円)


<ほし>
治安
★★★★☆

物価
★★★★☆


★★☆☆☆

観光のしやすさ
★★☆☆☆

宿のレベル

★★★☆☆☆


<いった場所>

オシュ、ビシュケク、ナリン、タシュラバット、トクモク


二か国目キルギスです

まずは観光からまとめていきます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オシュにあったキオスクみたいな


キルギスに入って文化がまるっきり変わりました

中国は漢字ですのでまぁ、頑張れば読めますが

今度はキリル文字です、全く訳が分かりません

P→Rの発音になったり

C→Sの発音になります

これならまだしも

Дとか、Бとか出て来られた日にはお手上げです(笑)

2chの顔文字でしか見たことありませ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然が豊かです

国土の7割は山に覆われています


日本ではあまり有名でない国ですが

欧米ではトレッキングやチャリダーの聖地的な

場所なのでしょう、特にフランス人にとっては


そう、キルギス含め中央アジアってフランス人だらけです(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オシュからビシュケクに向かう峠道です


どこを切りとっても絵になります

余りにもきれいなんで予定になかった

トレッキングでもする気になってきました


DSCF1564

タシュラバットっていう

キャラバンサライ(商隊宿)

があった場所です


ユルタに泊まってみました

標高3000m位でしょうか

夜はダウン羽織っていないと寒くて死にます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは自家発電しかないので

夜10時には真っ暗になりました

お陰でこの満点の星空

ちょっとぼけてますが・・・


IMG_0379

馬に乗ってトレッキングです

馬に乗ってるからトレッキングとか

言わないのかな


往復6時間かけて峠まで行きました

内腿が擦れて痛いのなんのって


IMG_0435

ガイドがついていますが

帰りは一人で歩いて帰りました

峠道を初心者一人で歩かせるなんて

日本ならありえないですねー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トクモクにある遺跡です


キルギスは文化を見るより

自然を見る国だと思います

でも、自然ばかりだと飽きるので

たまにこういうのがあるといいですね


次は食をピックアップします


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クムス


馬の乳を発酵させて酒にしたものです

流石遊牧民の国って感じです


同じ中央アジアでも

カザフ、ウズベクではあまり見なかったな

味は最高に不味いです

おなかにはいいそうです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビール


中央アジアに入って俄然ビールが美味くなりました

それだけ、中国のビールは酷かったんです

暑いってこともあって一日2杯は確実に飲んでました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラグマン


うどんみたいなのです

見た感じの味です

キルギスってか中央アジアの

代表料理です、9割のレストランには

これがあります


僕はあまり好きじゃないけど・・・


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サモサ


中身は肉と玉ねぎです

形は丸かったり四角かったり三角だったり

いろいろあるみたいです

これはうまいです

パン生地に肉まんの中身って感じで

しかも安くて、一個50円とかで買えます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトクリーム


これはキルギスに行ったらぜひ食べるべきです

まず安い、確かここで買ったのは20円です

遊牧民の国だからなのか、濃厚です

おやつによく食べてました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人動販売機


道端によくあります

中央アジアでもこの販売形態を

見たのはキルギスだけです

しかも、全国展開してるので

経営会社は相当銭持ってるでしょう


もちろん全部飲みました

現地人もよく飲んでます

乳を発酵させたのと

おそらく麦を発酵させたの

(ともにノンアルコール)

あと、アイスティー

味はまずまずです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナン


僕らで言うパンですね

焼きたては美味しいですが、

基本的に硬いです

日本のパンのふっくら具合って

すげーなって思いました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンティー


餃子みたいなものです

中国から入ってきた料理みたいですね

これも、中央アジアの代表料理です

というか、中央アジアってそもそも料理の

レパートリーが少ないです

痩せた大地が多いんでしょうかね?


バザール見てても

野菜もそんなに種類があるわけじゃないです




総評


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

物価が安いなーって感じました

中国も、カザフ、ウズベクも

そこそこします

その間に挟まれてキルギスは

いい感じに安いです

日平均2000円で過ごせました

インドとかに比べたら高いでしょうが

それでも2000円は破格だと思います

治安も全く危険は感じませんし、

みんな親切でいい人たちでした

ぼったくりもそこまで酷くなかったし

まぁ、一回スリに合いかけましたがね・・・


道もだいぶ整備されてて、移動しやすいです

中国の資本がだいぶ入ってるみたいですが、

まぁ、タクシーのおっちゃん達はそろって中国は

ダメだって言ってましたね、コンクリが薄くて

すぐ道がガタガタになるって


あと、キルギスと言ったら

誘拐婚が有名ですかね

有名ってのもなんですが・・・

一種の伝統みたいなものだと

国民が思っているみたいです


実際は伝統とか

全くそんなことないそうです

怖いですねー




はい、という事でキルギスほんと楽しかったす

というか、居心地いい感じでしたね

何があるってわけじゃないけど

食も人も自然もいい感じです

唯一遊牧民の文化に深く触れれなかった

事が残念ですが、まぁ次の機会としましょう

↑次ないかな・・・


あっ、あと日本は親日国にもっと目を向けるべきだと

僕は思いますがね、国民レベルはもちろん、政府も


先日読んだ記事で共感が個人の利益を

社会の利益に変えていくってのがあったから、ちょっとね

やっぱりグローバル化する世界の中で少しづつ共感の輪を

広めていく必要があるのかなとか思っただけです


読んだよのクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 世界一周

広告

初めてあったスリ

地球に性を生を授かって24年余り

初めてスリにあっちゃった


何処か自分スリなんかあわないって思ってたのに

(その考えが命取り笑)


0パーセントだったスリあう確率が

1/9125になった記念すべき日

僕はキルギスにいました


ポケットにスマホ入れてバス乗ったんですよ

そしたら、後ろから乗ってきたやつが

やたらとぎゅうぎゅう押すわけ

もともと満員でぎゅうぎゅだったんだけど


で、ポケットからスマホがスッと逃げていく感じ

盗られるって感じじゃなくて一人でスマホが逃げてく感じ

お前の珍歩の近くもうやだーって


兎に角、手が珍歩にポケットに入ってきた感覚なんて全然なかった


あっ、逃げてったって思ったら

キモイ男の手にスマホがあるみたいな(笑)


とりあえず、焦ってなにしたかっていうと

スマホ取り返すんじゃなくて

そいつの頭殴ったよね(笑)


もう、テンパってたから

スマホ返せ バシッ

じゃなくて

何でやねん ビシッ

みたいな


でとりあえずそいつスマホ落としたから

慌てて拾ってなんとか


で、そいつは次のバス停で降りて逃げてった


その瞬間は必死だったけど

ちょっと時間が経つと

もう、珍歩ちんぽけっとけばよかったってホント後悔

フロントガラスから頭飛び出すくらい目一杯ぶん殴ればよかったって

ホント後悔


まぁ、盗られなかったから良かったんだけどさ…


さて、観光観光


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キルギス最大規模のドルトイバザール

ゴーインスーパーのあるユースパ・アブドゥラフマノヴァ通りを北上するとある


スゲーでかくて衣類品が多い

しかもここ何がおもろいって

各商店が全部コンテナ!

だから、店の大きさが全部同じ

コンテナでできたバザールはここだけじゃないのかな?

バザールの成り立ちがちょっと気になるよね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バザールで見つけたイカすビーザン

世は正に大SNS社会


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラナの塔とバラサグン遺跡


翌日、ビシュケク近郊の観光地に行ってみた

東バスターミナルからトクモク行きのマルシュで1時間

トクモクバスターミナルからタクシーチャーター(マルシュもあるみたい)


変な顔石とご対面


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラナの塔


平地にぽつんと立ってる

観光客皆無

遺跡を独り占め!!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラナの塔は上ることができる

頂上からの眺め


何もない


ホントはもっと高かったらしいけど

15,6世紀にあった地震で半壊したらしい


…それを直さないが中国と違うな(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塔の隣にあるバラサグン遺跡


石人が多数


みんな顔が違う


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こいつら(失礼)戦士の墓という説が有望らしい

正に、夏草や兵どもが・・・

の詩にぴったりの場所である


まぁ、一時間も居れる場所じゃないけどね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

にしても、昔の人はみんなこんな顔してたのかな?


よく、西洋絵画とか、古代文明って人間離れした顔描くけど

あれってなんなんだろうね?


顔うまく描けないわけじゃないでしょう?

何かあるのかな?誰か教えて


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、結局ビシュケクに4泊もしてしまった


そろそろ、カザフに行かねばって気持ちになってきた

(後々公開することになる笑)


約2週間いたキルギスにお別れして

カザフスタンを目指します

と言っても、ビシュケクからアルマティまで、マルシュで3時間強と

かなり近いだけどね!


じゃ、次回は物価沸騰カザフからお送りします!

スリに遭遇する確率1/9125

スリ撃退率     1/9125


BGM   ORANGERANGE : ミチシルベ


スリにあったことある人はクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

馬に乗るとケツが痛くなる

ビシュケクの西ターミナルから車で6時間

ナリン(ナルイン)という田舎町へ

海外青年協力隊やNGOもこの町で

援助を行っているらしい

なのでこの地方ではSAORIという織物が有名だった


このナリンを経由して目的地タシュラバットを目指す


今回タシュラバットから中国国境付近のチャタルクル湖へ

馬に乗って向かう予定だ

もちろん国境越えはしないけど


DSCF1529

ビシュケク西バスターミナルからシェアタクシーで400ソム

ミニバスも出てるみたいでたしか350か300ソム

大きいバスは夜9時発で280ソム


時間の関係もあってシェタクシーでナリンに向かいます


ナリン着あとナリンバスターミナル東側200mのCBTにて

ツアーの相談とアレンジを

(CBTのモットーはホスピタリティなようでこの単語を連呼していた笑)


翌日からタシュラバットとチャタルクル湖までの乗馬ツアーを組んでもらうことに

ツアーなんでタシュラバットまでのタクシー代

タシュラバットでユルタ泊

馬レンタル

ガイド同行

で計2500ソム(5000円)位


DSCF1541

翌日タシュラバットへ!


人生初のユルタ

標高3000m位で夜は冷え込むので

ちゃんと暖房も完備されてた


自家発電なので、夜中は真っ暗になる

天気にも恵まれ七夕のこの時期にきれいな天の川が拝めた

因にここ電話もかけられない辺境地


DSCF1557

この日は明日の乗馬に備えてタシュラバット付近で

ゆっくり過ごす


ここ結構観光地のようで現地の人が結構日帰りで訪れてた


仲良くなったおっちゃん達にウォッカを

ショットで4杯ほど飲まされた

彼らはもうべろんべろん(笑)


SEPPUKU ハラショーと連呼していた(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

因にこれがタシュラバット

15世紀くらいに作られた商隊宿


右回りで部屋を数えるのと

左回りで部屋を数えるのとで

部屋数が変わるという都市伝説付(笑)

入場100ソムと結構高いwww


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、馬でチャタルクル湖へ・・・と思っていたら

チャタルクル湖まで行くと日帰りは無理と言われ

結局湖が見える峠までの日帰りツアーになった

(湖まで行ってユルタ泊しての1泊2日もできるみたい)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道なき道を約3時間

川を渡り崖を歩きようやく

峠まで到着


峠を越えた瞬間に広がる湖は

そりゃもう絶景の一言


ただ、ものすごい寒い

Tシャツ+ロンT+ウィンドブレーカー+ダウン

の完全防備でも震える寒さ


1時間峠で景色を楽しみ、持参した昼食を食べて

復路に


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついたー!!!!!!!!!!!の感動を


ガイドが綱を引いてくれてたとはいえ

初めての馬で乗り方の説明なし

崖から落ちたら確実に死ぬでしょって場所

いくつか通ってもう、ずっと緊張しっぱなしだった(笑)


体全部ケツの穴に入ってくんじゃないかって位

ケツ穴締めてた(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遊牧民もこの峠を越えている

何十頭の馬を先導して歩くのってスゲー難しいんだろうなぁと

乗馬してみてまじまじと実感してみたり(笑)


DSCF1587

帰り道


とうとうガイドが綱を引っ張ってくれなくなった・・・

僕は一人立ち


でも、往路でだいぶ馬の乗り方が分かったのか

馬も言う事聞いてくれて

そんなに恐怖なく順調に帰ってこれた


乗馬おもしれぇよ、ほんと!


乗馬時間6時間

僕は内腿、内脹脛、股関節、ケツ穴が

擦れて痛いです


キルギスほんと綺麗だなぁ

すげーいい経験ができたなぁ

今回のでVISA待ちするだけじゃ勿体ない国だなって思った

ちょっと近郊に出ればスゲー綺麗な景色いっぱいキルギス


乗馬誘ってくれた堀さんありがとうございました!


i’m reading now            進撃の巨人


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

物乞いという文化をどうとるか?

タイトル書きましたが、物乞いって文化ですかね?

今更なので変更しないけど!


いや、というのもですね

僕、中国で物乞いという物乞いを見てこなかったんでよ

…僕の目が悪かったのかもしれないけど

中国なんて物乞い大国だとおもってたから(失礼)


まぁ、メトロの中で歌うたってお金入れて言ってる人とか

いたんですけど、ただ金をせびる人(大人も子供も含め)見てこなかったので


で、キルギスに入って

物乞いを見かけるようになったのですねー


もう、強烈に違和感を感じる

それは、国が変わったんだなぁと思うのと同時に

物乞いという習慣に


ちっさい子供が紙袋もって

金くれ金くれせがんでくるんですよ

僕はそのたびに思うわけです

金をあげるかあげまいか


結局あげてないけど


でも、こういうのって大半の人があげないじゃないですか

彼ら(彼女ら)はどんな気持ちであげないんですかねー?


だって困ってる人が目の前にいるんでしょう?

それが、ほんとに困ってるか、

元締めがいてお金を集めるように命令てるのか、

お金困ってないけど物乞いしてるのかは

わからないけれども、、、


そういう人を見て、

それを助けるのはオーガニゼーションの仕事よって

簡単に僕には割り切れなくて…

彼らが本当に困ってお金をねっだっているのに

援助はオーガニゼーションを通してねっていうのは

おかしくないですか?


まぁ、なんかうまく言えないし

僕自身お金をあげていないので

あげないわっていう人と変わらないんだけど…


ちょっとビシュケクのもやもやしながら歩いたりしてました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キルギスの首都ビシュケクです

首都言っても高いビルもあまりない

僕らが想像する主都とは遥かにかけ離れたイメージですが・・・


歩道なんて凸凹ですし

写真の通り緑はいっぱいあります

あと変な銅像たち


町の見どころは特にないかな…

…バザールがあります!


中央アジアで唯一ビザがいらない国で

ビザ取得のために寄る街って感じですかねー

まぁ、僕は日本で中央アジアのビザ取してきたので

関係ないですが


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市内は公共バスがいっぱい走ってますが

キリル文字でしか書いてないので行き先はどこに向かうか

全然わかりません

でも、3時間くらい歩けば町の主要なところは

見れるかと


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと興味があったんで、キルギスにある

日本人センターに行ってみました


キルギス人が日本の言葉とか文化とかを学ぶ場所みたいです


ようはJICAとか国はこういるいらんもんも

いっぱい作ってるっていい例です


まぁ、僕はいらんもんもいっぱい作っていいと思いますけどね

でも、次回書くけどナリンって田舎町にSAORIって特産品があるんですね

それは、海外青年協力隊がその町に行ったときに

隊員の一人が持ってた小物入れを現地の人が気にいって

現地の人がそれをまねて作ったみたいな

そんなの

そういうのだと面白いって感じるよね


あ、日本の漫画とか無料で読めます

ワンピース最新刊ありました(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相互理解推進事業!!!

なんの話?相互?

全く面白いことを言うもんだ、笑っちゃうよね(笑)

日本語が出来ない日本人が海外に行ってどうするんですかね(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文化は面白いですなぁ

国としてはイスラムだけど

キリスト教のロシア聖教とかあります


さてと、トレッキングしに行きますか!!!


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

中央アジアのスイス

長かった中国を抜けて(精神的に)

中央アジア着ました!


ユーラシア大陸の中央に位置する

旧ソ連の国々

キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、

トルクメニスタン、タジキスタン

辺りを中央アジアって言うみたいです


中央アジア横断初めの国は

キルギスです


キルギスは中央アジアきっての親日国のようで

ヤポーネ!!(ロシア語)ってよく言われます

これもお国様やNPOの援助のお陰でしょう(笑)


僕らは彼らのことほとんど知らないのにね(笑)(笑)


万人にいい顔ができる日本国は

正に日本国民の性分をそのまま反映してるんでしょうね


民意なんて言葉じゃ片づけられないと思うけど

国を作るのは政府じゃなくて国民だよ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中国のカシュガルからキルギスのオシュへ着きました

Biy ordゲストハウスって最近できたばかりの安宿に泊まります

300ソム(600円)


オシュ自体は見どころの少ない街のようですが

中国―キルギスを外国人が陸路で越境する場合

必ず通るルートになるようです


お陰で中国を目指す

欧米人チャリダーがいっぱいいました


※オシュで有名な宿オシュゲストハウスより部屋は数倍良いです

でも、情報量はオシュゲストハウスのほうが上かな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オシュ到着が夕方になってしまったので

宿近くを散策します


道端でたむろってるおっちゃんたちに

呼び止められ

ヤポーネで仲良くなりました


体にいいんだ、これ飲め―ゆうて馬乳酒

出してきて

僕は一口飲んで死にました


見た目黒いの浮いてて最悪だし

味も酸っぱくて全く旨くありません


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっぱり僕はこっちが好きです

サーバーから注がれたビール

一ヶ月ぶり

味も中国のそれと違てしっかりしてて

死ぬほど旨かった!!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、街並みがガラッと変わりました

もちろん漢字なんてないです

キルギス語はキリル文字を使うようです

2chのの顔文字たちに大貢献のキリル文字です(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キルギスの楽しみの一つ

祖父とクリーム

・・・ソフトクリーム!


遊牧民が多いキルギス

クリーム濃厚です

、、、普段ソフトクリームなんて食べないので

濃厚かどうかわからない(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良く見かける飲み物売り

大手企業が経営してるんでしょね

町のあちこちで見かけます


日本なら自販機という文明の力使うんだろうなぁと

思いながらアイスティーを一杯


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オシュのバザールにやってきました

いろんな民族がいます

キルギス人、ウズベク人、漢族、ウイグル族


2010年にここで暴動が起きたなんて考えられないくらい

キルギス人とウズベク人の対立だったらしい

死者100人以上


この暴動の裏には暴動が起こる前に

キルギス主都のビシュケクで政権交代のデモが起こり

当時の大統領がオシュに逃亡したことが絡んでいる


その大統領がオシュに武器のたんまり入ったトラックを

走らせ、武器を取れっと言ったのが発端であったらしい


そんな簡単なことで平和な町は血に染まっていきました


民族紛争なんて単民族国家の僕らには

ほど遠い話に感じられてしまう


もちろん今は平穏な時間が流れていきます

外務省の警告レベルは”渡航の是非と検討してください”の

高いレベルが未だに続いているけれど・・・


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バザールでナンを売っている女性

写真撮っていい?って言ったらポーズしてくれた


ソ連の人のイメージって冷徹だけど

そんなことないのかな?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中国の麻雀が

こちらではチェスに

西に進んでるのを実感(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、オシュには世界遺産があります

聖山スライマン・トー


山でした

もちろん上ることもできます

5ソム(10円)(笑)

安すぎじゃないですか、これ?

世界遺産なんだから保存費用とか掛かるでしょうよね

まぁ、ツーリストにはうれしいですけど

でもただの山です


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂でウズベク人と仲良くなりました

俺が案内してやるー言うて

道なき道に僕を連れて行こうとします

レイ・・・

いやなんでもありません。


その辺に生えてる木から

木の実をとってきてくれるいい人でした


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんだかんだ居心地が良くて2泊の予定が3泊して

キルギス首都ビシュケクへ向かいます


てか、オシュってキルギス第二の都市なのに

ビシュケク―オシュを結ぶバスとか電車がないらしい

なので、乗り合いタクシーとかマルシュカートとかいう

ミニバンで行くしか手段がない


めんどくさいと思っていたけれど

宿のオーナーがすべて手配してくれました

そして、予約サイトのレビューを書いてくれと(笑)

僕らはwinwinの関係です(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビシュケクへ向かう車は荷台に荷物があって

乗客は僕一人

快適


にしても、オシュ―ビシュケク間

ほんとに景色が綺麗です

中央アジアのスイスと言われるのも頷けますな


見てたらすげートレッキングがしたくなった(笑)


そして、道もとてもきれいです

もちろん日本の資本が入っています

誇らしげにおっちゃんが話していました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうやら、道路は動物と共用のようです


そして10時間かけてビシュケクに到着

で、市内に入った瞬間

速度違反で捕まりました(笑)


警察はポケットマネーが欲しいだけなんだよって

おっちゃん

この国も公安は腐ってる見たいです


BMG        アザーン


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつの時代にも下痢は付き物 カシュガル

リアルタイムではもうキルギスです!

ついに2か国目入りました!

もう、町の雰囲気がガラッと変わって

面白いです、はい


まぁ、その話はまた今度という事にして

中国最後の町カシュガルです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カシュガル(中国)~オシュ(キルギス)への

国際バスのチケットです

2013年7月現在月木は確実に

運航している模様


木曜日のチケットを入手しないとVISAの関係上

自力でキルギスに行かないといいけなくなるので、

これをGETできてほんとに良かった


ヒッチハイクで行けないことはないんですが、

国際バスに乗りながら途中の道を見てると

ヒッチハイクしないでよかったっと心から思いました(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、中国残すところわずかってところで

とうとう下痢になりました


みなさん下痢ってわかります?

うんこが軟らかくなってしまうあれです

おっと失礼、う○こですね


ウルムチからカシュガルへ向かうバス

乗ってた時から気持ち悪くて

カシュガルに着いた時には

もう酷い酷い

プシャーって止まらない止まらない

上の口からも下の口からも


あ、ごめんんねこんな話で

でも、下痢、腹痛って

日本人の宿命だと思うんですよ


だから、ちゃんと書いておかないと!


今までも、結構下痢気味なことはあったんだけど

今回のはね、もう水

そこ水出るとこじゃねぇよ!!

って突っ込みたくなるくらい水

粘度0.01%くらい


みなさんなったことあります?

僕は人生2度目です(笑)


友人と行ったトルコで

二人してカッパドキアの奇岩に

ゲロぶちかましてました(笑)


あの時のやばさを10とするなら

今回のは2くらいだったんで

大したことなかったんですが、

それでも、2日間ほぼ寝てましたねぇ


整腸剤飲んで、水分補給多めにして、寝て

でなんとか治りました

正露丸とか飲んだら最後です

ウイルス性どうこう以前に

薬飲んだら負けたと思うから飲みたくないんです


あ、整腸剤は第3種医薬品だから

プロテインみたいなもんでしょう?

まぁ、お陰でカシュガル観光全然できなかったけどね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも、ちょっとでも体調がよくなったと

思ったときに宿近くのバザールは見学に行きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バザールってイスラム圏の響きですよねー

歩いてるだけで面白いです

下痢と戦いながら・・・


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かき氷とか売ってました

氷うまそうっ

て今書いてて思いました

(いま、下痢治りたてで食欲旺盛なんです)


大体連日30度くらいだそうです

ただ、湿度が過度に低いので

日陰に逃げれば涼しいです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下痢してても、おなかは空くというこの矛盾

どうしてもハンバーガーが食べたくて


全然旨くなかった

しかも(当たり前だけど)、また気持ち悪くなった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫も心配してくれてます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな、馬鹿な僕のために

宿経営してるご家族が僕を

中国のミュージカルに誘ってくれました!


上海のアーティストが脚本したらしく

上海でみたら1500元するのにカシュガルだと

安いからってただでチケットもらって


インフォメーション見ると

脚本が上海の人で

各地方の劇団に脚本を売ってるのかな?

そんな感じだった


1時間半全く意味のわからないつまらない劇を・・・・

楽しく劇を見ました


「香妃」ってやつです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

総勢50人くらいの大人数の構成


こんな素敵なミュージカルに僕を連れて行ってくれたのが

微風青年旅舎の方々


ここ、あまり有名じゃないのか

人も少なくて、とても静かで

中国人嫌いになってた僕にっとって

ほんとに落ち着ける場所だった


色満賓館の近くです

あんなとこよりこっちのがよっぽどいいですよ!


何より、中国に来てやっとコーヒーが飲めた

この喜び!(いままで高くて飲む気にならなかったので)


コーヒーってうまい!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、カシュガルからオシュへの国境越えですな

1時時間遅れの出発

予定では20時間


荒野をひたすら走ります


したら以外にも5時間くらいで中国側のイミグレに到着

これは、20時間もかからんなと思ってたのに

ここからが長かった


普通陸路の国境なんて

中国側のイミグレとキルギス側のイミグレの距離

そんなに遠くないと思うじゃないですか


出国スタンプ、ポン

たったった

入国スタンプ、ポン

って感じ想像してたのに


実際は

出国スタンプ、ポン

峠越え

峠越え

峠越え

峠越え

峠越え(…5時間くらい)

入国スタンプ、ポン


いや、別にいいじゃんて思うかもしてないけど

こっちは今どこにいるかってわかる手段が地図しかないわけですよ

地図見て国境だからこの辺だから・・・

もう半分以上進んできたんだ!

のモチベーションが崩れてくのって

結構つらい


おまけに、キルギス側のイミグレに着いたのが

夜中の12時近くで

閉まってるっていうね


朝の9時までそこで待機ですよ(笑)


ずっと山道でパーキング的なものないから

水も買えないし、飯も食えないしで

水って大事だなって心の底から思った


でもね、一つだけスゲーことがあって

明りが全くない山の中

標高もおそらく2000mはあったと思うのね


上見ると

もう別世界


星ってこんなにあんだ


ってありきたりな言葉口走っちゃうくらい


天の川ってあんなにきれいに見えるんだ


ってくらい鮮明に


空が透き通ってた


見せられないのが残念なくらい不思議な空間だった

プラネタリウムの比じゃないよあれは


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして翌日

どうにかキルギスに入国できました


キルギスに入ってからは

山が緑いろになりの

万年雪の山があちこちにありの

景色がガラッと変わった


遊牧民が羊だの牛だの馬だの

放牧して


ゲルがあちこちにあって


ゲルと並んで、トラックの荷台も至る所にあって

それに人が住んでたり


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中道に停まって、

ウズベク人、キルギス人は

みんなして白い液体

買ってた


始めはヤギの乳と思ったけど

どうやら馬酵酒っていう

酒らしい


後日飲ませてもらったら

すっぱくて不味かった


予定より10時間オーバーで

ようやくキルギス第二の主都オシュに到着!


さよなら中国!

もう絶対行かねぇぜ!


BGM      いっぱい聞きすぎた・・・


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村