今の僕に出来ること


鳥肌が立つくらい怖かった

それでも、ここまで来てよかった


死せる海、アラル海

たぶん、名前を聞いてそれがどこにあるのか

わからない人も多いと思う

それが、なんなんなのかわからない人も多いと思う

だから、書かないといけない

どれだけの人に伝わるかわからないけど、

それが、今の僕に出来ることだと思ってる


アラル海

カザフスタン西部とウズベキスタン西部にまたがる塩湖

(以下湖ですがアラル海を海と書いていきます)

今、この海は瀕死の状態にあって

20世紀最大の環境破壊なんて言われてる


今回僕はウズベキスタン側から

かつて、この海の港、保養所として栄えた

ムイナク(モイナク)という町を起点に

アラル海を見に行った


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヌクスからのバスはムイナクのバスターミナルに到着

まぁ、ターミナルと呼ぶにはほど遠い場所だけれども

そこに停まっていたタクシーに乗り込み

船の墓場と呼ばれている場所を目指してもらう

10分ほど走り小高い丘になっているところでタクシーを降りる


↑モイナクのタクシー

かなり年期のはいった車が現役で走ってる


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タクシーを降りて少し歩くと一面の荒野が広がる

ここにかつて世界で4番目にでかい湖があった

面積は琵琶湖の100倍近くあったらしい

丘の麓には、船が横一列に並べられている


船の墓場

ここはそう呼ばれている場所である


ダウンロード

↑アラル海の水位現象の様子


この海の消滅は

1960年代ごろから始まる

旧ソ連時代に自然改造計画の一環として行われた

アラル海に流れ込むアムダリヤ川上流への運河の造設

そして、綿花栽培のための灌漑

(綿花の栽培は大量の水を必要とするらしい)

の影響で河川の水量が激減したのが原因らしい

当時は科学が自然を凌駕する、科学万能主義の時代だったこともあり

この計画のネガティブな面を十分吟味しなかったらしい


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その結果、水位はどんどん減少し

50年にも満たない歳月で海が死んだ


一夜にして数十メートル海岸線が引くこともあり

船は取り残され、今この場所で朽ちている


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GoogleMapでも水色で塗られているこの場所には

水のかけらも見つけられなかった


ホントに怖くなった

一人ぽつんと立つ僕の周りは

異様な空気が漂っていた


たくさんの人間が職を失い

たくさんの人が苦労した

それだけじゃなくて、たくさんの生物が死んで

気候まで変わってしまった


僕には、それがどれほどの悲劇か想像もつかない


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めここに来る予定はなかった

日程に余裕が出そうだったから

行ってみるかって場所だった


それでも、ここはウズベキスタンで一番価値のある場所だと

僕は思う

まぁ、そういうのを薦める時点で僕がウズベクに来たのは

間違いだったと思う

古い歴史を見てもやはりいまいちピンとこないから


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風と自分が地面を踏みしめる音だけの世界

僕に何が出来るのか?

どうすれば、こんな惨事をもう起こさないように出来るのか?

僕はこの海から何を学べばよいのか?

これから人間はどういう生き方が出来るのか?

頭の中をぐちゃぐちゃにしながら僕はバスターミナルへ戻る


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑バスターミナルへの道

ほとんど人は歩いてない


アラル海の消滅と

3.11で誘発された原発事故とが一本の線で繋がる

人間の営みによって消えた海

人間の技術の結晶によって住めなくなった土地


この海のことはもちろんそうだけど、

原発のこと(もちろん地震のことも含める)も

僕らは絶対に忘れちゃいけないと思った

お隣の中国や韓国と違って

僕らは過去に囚われず未来を見れる民族であるから

(もっとも過去に囚われてるは政府レベルで

国民なんてどっちでもいいと思ってるのかもしれんけど)

尚のこと忘れちゃいけない


僕はその当日日本にいなかった人間だから、

地震の恐ろしさも、当時の原発の恐怖も知らない

僕が日本に帰ると、みんな事細かにその時の状況や

生活、報道なんかを教えてくれた


3.11なんて言葉より、そのリアルを忘れちゃダメ


だからお願い、繋いでおいて、この事実を、あの時の体験を、

未来まで


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 世界一周


—–ウルゲンチからのアクセス—–

歩き方にタクシーシェアした方がいいなんて書いてあるけど

そんなのあてにしては行けませんね!

住民目線でのアクセス方法です


///ウルゲンチ-ヌクス///

10時発のヌクス行きのバスがあります

時刻表を確認しましたが、1日1便のようでした

スタジアム横のバスターミナル発

所要5時間です

乗り遅れたらバスターミナルの出口付近に

シェアタクが何台か停まっています

タクシーの場合2時間程度

30000スムで乗れました


///ヌクスの宿///

ヌクスの宿はジペク・ジョリに泊まりました

ユルタは10ドル

シングルは35ドルでしたが値切れば15ドルまで行けます

エアコン付きで快適です

///ヌクス-ムイナク///

バスが一日2便運航しています

ヌクスのバスターミナルから9時と12時です

日帰りをする場合、9時に乗らないと厳しいと思われます

ムイナク行きバス乗り場までは

バザール東にあるマルシュ乗り場から55番マルシュに乗って

終点下車すれば行くことができます

ジペク・ジョリからバス乗り場まで徒歩とマルシュ含め1時間

バス移動3.5時間


///ムイナク-アラル海(船の墓場)///

ムイナクのバスターミナルを降りると

タクシーが何台か停まっています

3000ソムでアラル海まで向かってくれます

往復交渉もおそらく可能だと思いますが

僕は帰りは歩きたかったので片道だけタクシー使いました

徒歩の場合1時間くらいかかります


///ムイナク-ヌクス///

ムイナクバスターミナルから

12時と15時にバスがあるようです

ホテルも街中に1件だけですがあります

もし15時のバスに乗り遅れた場合

コングラードまでのマルシュが頻発しているようなので、

コングラードまで行ってそこからヌクスへってのも可能かと思います

広告
  1. 2014年 2月 12日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。