砂漠ってすげーなぁ 敦煌

正直、あんまり期待してなかった

だって、兵馬俑が期待外れで・・・


鳴沙山ねー

どうせ砂丘でしょ?

金取るだけ取って大した規模無いんでしょってなってた


成都、西安ってあまり面白いものを見れないでいたので

ちょっと観光ムードが薄れつつあったのである


熱いし、ホテルでゆっくりでもいいかなぁって

誘惑に晒されながら

敦煌きたしとりあえず行っとくかって

重い足を頑張って上げたった


でもね、

行ってよかった

砂ってほんとすごい

ほんとにすごいんですよ!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西安から敦煌まで列車で24時間

日本だったっらありえない時間を列車の中で過ごす


でも、硬臥だから快適そのもの

横になれるとこうまで違うとは


最近長時間移動に慣れてきたのか

結構時間過ぎるのが早い

景色見て、本読んで、ゲームして、旅のいろいろ考えて整理して、

そんで寝ればあっという間に24時間が過ぎる


列車はゴビ砂漠の中をひたすら走る


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敦煌に着いた

こっちに着くと杏をよく見かける

特産なのかな?

昼食の食堂でおっちゃんに

3個もらって食べたけど、甘くて上手かったな


そういえば、またホテルが見つからないで苦労した

今度はホテルあったからよかったけど、

ネットの地図と道が一本違っていた

5つ星ホテルに駆け込んだら受付のあんちゃんが

気さくにホテルの場所まで案内してくれた

ほんとにありがとう


にしても、ユースホステルに加盟してんだから

その辺しっかりして欲しい全く


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、ホテルにチェックインして、鳴沙山への行き方を聞くと

昼間は暑くていけないから5時過ぎに行けと言われ

それまでに夕食を食べることに

一人前から鍋を出してる店があったので

一人鍋してみた(笑)


羊トマト鍋


これがうまかった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、なんやかんやで7時前鳴沙山に向け出発

公共バス3番線が鳴沙山前まで出ているので、それに乗って


道路を曲がるとその先にでっかいのが見えた


もう、やる気20%から200%くらいまで

急上昇したね


バスの助手席まで乗り出したもん


期待が小さかった分

ほんとそれくらいの衝撃だった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さっそく入場料を払って

麓へ

訳のわからないジェスチャーで写真を撮ってもらう


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんで登頂開始!

ほんとに綺麗なんですよ

特に日が刺したときの

光と影のコントラストが


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいぶ高いところまで登ってきた

傾斜15度くらいかな?

砂に足取られて3歩進んで2歩下がる状態


だいぶ時間が経ってから先に歩いた人の

足跡の上を歩くと砂に埋まらないことを発見してだいぶ楽になった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登った遠くに見える三日月の湖は月牙泉って

天然のオアシスで枯れたことがないらしい


手前のは中国政府が作った無駄な施設


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登った先にもっと高い砂丘があったので今度はそっちを目指す


そういえば、砂丘と砂漠の違いって

砂漠は気象環境や地形のことで

砂丘は土地の形状のことらしい

(降水量の違いによるものではないらしい)


だから、鳴沙山はゴビ砂漠の最西端にある砂丘って言い回しになるらしい


でも、これ見たら誰だって砂漠だって思うよね


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろを見ると敦煌市街が広がってた

緑が多いな

オアシス都市ってだけのことはある


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風が常に同じ方向から吹くから砂が堆積するらしい

そんで、風が吹くから綺麗な波紋ができる


因に、鳴沙山の名前の由来は風に舞った砂が

音を奏でるところから来ているそう


まぁ、中国人観光客が多くて

砂の奏でる音なんて聞こえないんだけどね(笑)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山登りを楽しんでるうちに夕暮れが近づいてきた

この先がサンセットスポットらしい


すげー道のり


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ちる夕日

染まる大地


もう言葉なんていらないと思えるこの瞬間も

中国人は五月蠅いです、はい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンセットポイント

人があんまり多くないのが唯一の救いかな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンダルを脱いで歩き回ってたら

いつの間にかサンダルが砂に埋もれてた


ここはサンダルで来ることをお勧めします

靴ごとビニールで覆うやつの貸出してたけど

あれ、蒸れそうです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

綺麗な夕日が沈んでく

完全に日が沈んだのは9時10分過ぎ

砂丘を降りて帰りのバスに


バスの中で綺麗なマジックアワーを

眺めながらホテルに戻ります


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日、この日夜行バスでトルファンへ向かいます

時間があるから莫高窟に行こうかなって思ってたけど、

たぶん、いや絶対俺行ってもつまらないと思い辞め

市街西に党河っって河が流れてるみたいだからそこに行ってみることに

したら、すごい水量で

バタフライして対岸目指してる人いたり(笑)


まぁ、そんな感じでバスの時間だ(笑)


正直、敦煌来て莫高窟行かないとか、

頭大丈夫って感じだと思う

ホテルの人にも

えっ、行かないのって言われたくらいに


でも、それでいいや

自分の行きたいところを回れば

自分で行くところを決めれば


旅ってホント選択の連続だなっ

まぁ、旅じゃなくてもそうなんけどね


非日常にいると余計強く実感する


BGM    One OK Rock : キミシダイ列車


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。