宿が消えた、昆明

どうも、現在標高2000mの場所にいます、Tuckです



先日、上海から約2000Kmのフライトを経て雲南省の省都”昆明”にやってきました

雲南省って、地理的にだいたいベトナムとかミャンマーの北に当たります

この時期は雨季のはずなんですがここ数日、晴天が続ているようです

にしても、日本の札幌から那覇までの距離が2200Kmらしいので、

スゲー距離移動したことになりますねー

それが、1万円ちょいで乗れちゃうんだからLCCはほんとすごい!


ところで、僕は非力な人間なので、

町に着くとだいたい初めに予約していたホテルにチェックインします

重い荷物をもったまま歩くなんてしたくありません

この情報社会のご時世、ネットで宿を予約

なんてわけないことで、、、

もちろん、僕は事前にインターネットで目星い宿を予約しているわけです


でも今回はいつもと違いました

いざ宿があると思わしき場所につくと、、、


宿がない、、、

なんか、この中今工事してますみたいな看板が立ってんです

一周1Kmはあろうかという工事現場の周り3周くらいして、

誰に聞いても宿知らないっていうし


で、仕方なくネカフェ入って宿の詳細地図プリントアウトして

また近く戻ったら、それここだって指さすんです


工事現場の中、、、


もう絶句

うすうす感づいてはいたんですが、、、

重量20kgくらいある荷物沿って1時間くらい


絶句

大事なことなので二回言いました


でも仕方ないです、ないんなら

で、地球の歩き方に載ってる宿を今度は目指すことにするわけです

15分くらいかな、歩いてその場所に着いたら


、、、ここも工事

その宿ならもうなくなったよって言われて

もう笑うしかないよね、


結局、疲労困憊のまま見つけた宿にチェックイン

149元(2300円くらい)だったけど、一人部屋だし死にそうだしで


・・・一人部屋快適すぎる


これもいい経験ですかねぇ


そのあと、次の町へチケットを買いに

まちへ

昆明には一泊だけして、

翌日には大理に向かいます


DSCF1375

空港から昆明市内まではエアポートバスが多数発着してるみたいです

昆明長水空港は最近場所を移転したばかりのようで情報があまり転がってなかったので

心配でしたが、市内へ6路線も出ていて杞憂に終わりました

時間も最終23時頃まであるようです


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こいつは、死にそうな中、やっと見つけたホテル

英語しゃべれなかったけど、親切だった

部屋はあまりきれいじゃなかったけど(笑)

ドミトリーなし、一人部屋149元~

東風公園付近

あとで、ホテル特集みたいのくみたいな


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんとなく、入った食堂だったけど創業100年の老舗らしい

確かの麺はうまかったなぁ

これで10元(150円)

メニューもバラエティに富んでいて10~150元くらいまであった


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昆明駅

UFOが頭にとまってる

明日はここから大理へ向かう


昆明は観光客にとっては特に見どころがない街のよう

大理、麗江へ向かう中継地点のような感じ

近郊に出れば、中国っぽい棚田とか、水墨画の風景とか広がってる

みたいだけど、今回はパスだ


大理に向かう鉄道のチケットは無事にゲットしたので、

翌日昆明を発ちます

今度は、ホテルなくなってないといいなぁ


BGM  小田和正 : 言葉にできない


クリック!ポチッとやさしく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。